2021.07.26

【デート】の終わりが寂しいっ!何か対策はあるの?

デートの終わりというのは、好きな人とバイバイする時間が来るということなのでなんだかとても寂しいと思ってしまいますよね。「離れたくない......」「もう少し一緒にいたい......」と感じるものでしょう。

しかし、デートには終わりが訪れます。
そこで今回は、デートの終わりが寂しいと感じるときの対策について紹介しますね!
デートの終わりが寂しいときというのは、次の約束が決まってないからでもありませんか?
もし、また来週会えるというのが分かっていたら、そこまで寂しい気持ちにならないですよね。

そのため、できるのなら次のデートの約束をしておきましょう。「次は〇〇に行きたいな」と伝え、いつのお休みに実現するのかなんとなくでも決めることができたら心の栄養になりますね。
次のデートの約束をするのがハードルが高いと感じる場合は、また会えると信じるしかありません。デートの終わりが寂しくても「きっとまた近いうちにデートできるよね!」と思うことで寂しさを紛らわせましょう。

もし不安なら離れた後に次のデートの約束をLINEでするのもおすすめです。
直接よりもハードルが下がって誘いやすいでしょう。
デートの終わりがとてつもなく寂しいときは「なんだか寂しいな......」「もっと一緒にいる時間が続いたらいいのに......」と相手に伝えてみましょう。相手が「自分もだよ」と言ってくれると少し寂しさが紛れるでしょう。

他にも相手が「またすぐ会えるよ」とか「次は〇〇に行こう」などのように言ってくれる可能性もあります。素直に寂しいと伝えているところを可愛いとも思ってくれるでしょう。
寂しくても住んでいる場所が違うならその日はお別れしなければなりません。しかし、分かってはいるものの寂しさは募りますよね。そんなときは、バイバイした後に「今日もありがとう」と連絡を入れましょう。

寂しいけど離れても連絡がとれるというのは安心感に繋がるものです。
連絡をしあうことで少しは寂しさが軽減されて気持ちも落ち着くことでしょう。
デートの終わりが寂しいと感じるのは、相手のことがよっぽど好きだという証拠でもありますね。今の自分の気持ちを大切にして、デート終わりの寂しさも楽しんでみてください!

いつか「あんな日もあった」と思えますよ。(みいな/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事