2021.07.29

恋の始まりはどこにある?【恋に落ちるきっかけ】を解説♡

恋に落ちるきっかけは些細なものが多いと言われています。恋に落ちた瞬間に気付くのではなく、相手への恋愛感情を自覚し、思い返してみたら「あの瞬間に恋に落ちてた!」と気付く場合もあります。では、そんな些細なきっかけは、どこに転がっているのでしょうか。
初対面だと、コミュニケーション能力が高い人同士でも会話が途切れてしまったり、うわべだけの会話になったりしてしまいがちです。ですが、そんな緊張する初対面から話が盛り上がり色々な話ができると、運命を感じるのではないでしょうか。思い返してみると、その運命を感じたことがきっかけに恋に落ちていたという人も多いでしょう。気が合う人に対しては、恋に落ちやすいと感じる人は多いようです。
ショッピングを楽しんでいる時に、何度も偶然出会ったことをきっかけに恋に落ちる場合もあります。何度も会うということは、お互いの感性や生活リズムが似ているということ。当然、そのまま一緒にご飯を食べれば話も盛り上がりますし、ストレスなく過ごせるでしょう。付き合ってからも楽しく過ごすことができる相手として、恋に落ちる条件としては十分です。
恋に落ちるきっかけには、顔が近づくなどの物理的な接触がきっかけになる人もいます。ちょっと目を上げた時に、相手の顔が目の前にあると自然とドキドキしてしまいます。その瞬間の「ドキッ」とした気持ちをきっかけに恋が始まるというケースも少なくはありません。普段は離れているからこそ、恋に落ちるほどのきっかけになるのです。気になる人がいるなら、思い切ってたまに顔を近づけてみるのも良いかもしれませんね。
あまり一気に恋に落ちた経験がない人は、きっかけなどを意識しない人も多いでしょう。しかし考えてみると、恋に落ちるきっかけは意外と身近に転がっていると言われています。今までに好きになった人を思い返してみると、分かりやすいのではないでしょうか。好きな人がいないと悩んでいる人も、自然に過ごしていればいつの間にか劇的なきっかけがあって恋が始まるかもしれませんよ。(土井春香/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事