2021.07.30

いよいよ【同棲】♡どんな「間取り」を選ぶのが正解?

恋人と同棲を始める時、改めて物件を探すというカップルも多いでしょう。どちらかが広い家に住んでいるならまだしも、基本的には新しく家を借りる方が快適に過ごせます。では、その時にどんな間取りを選べば良いのでしょうか。一人暮らしならワンルームで良くても、二人で暮らすとなるとワンルームでは厳しい恐れもあります。間取りの選び方をチェックしてみましょう。
お互いにシフト制など、仕事の時間が合わないカップルの場合は、寝室を分けるのがおすすめです。一泊のお泊まりデートなら睡眠不足になっても乗り切れますが、同棲は生活です。普段から睡眠不足だとお互いにイライラして喧嘩も多くなってしまいます。心身ともに健康で仲良く暮らすためにも、しっかり眠れるように2LDK以上の部屋を借りましょう。どちらかのベッドを広くしておけば一緒に寝る時もぐっすり眠れますよ。
もし便利な場所の物件を見つけて、同棲期間だけではなく結婚後も同じ場所に住む予定があるのなら、思い切って3LDK以上の部屋を借りるのもおすすめです。最初は荷物が少なくて違和感があるかもしれませんが、それくらい広ければ、結婚して子どもが生まれても引っ越さずに暮らすことができます。引っ越しは手間もお金もかかるので、できるだけ引っ越しの回数を減らすのもポイントですよ。
もちろん、広めの1LDKなどの間取りも悪くはありません。寝室が同じになり、お互いに個室がないためいつでも一緒にいることができます。いつでも一緒にいたいタイプのラブラブカップルには、最高の間取りとなるでしょう。喧嘩が多いカップルも、自然と仲直りできるというメリットもあります。ただし、狭い1LDKだと息が詰まってしまうため、空間に余裕があって収納の多い1LDKを探すのがおすすめです。WICなどもあると、さらに収納スペースが増えますよ。
同棲する物件を探す際には、お互いの荷物の多さやライフスタイル、結婚までの期間や結婚後の生活などを考えるのがおすすめです。二人がストレスなく過ごせる、素敵な物件を見つけてくださいね。(土井春香/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事