2021.07.30

もうしたくない!「どうして嫉妬してしまうのか」原因を解説!

嫉妬をすると、普段の自分より性格の悪いことを言ってしまうこともあります。嫉妬するだけで苦しくなり、一人でいてもイライラもやもやしてしまうこともあるでしょう。「もう嫉妬なんてしたくない」と思っても、どうしても嫉妬してしまうこともあります。彼氏の愛情を信じていても、嫉妬が止められないこともあるでしょう。どうして嫉妬をやめられないのか、嫉妬してしまう原因を解説していきます。
彼のことは信じていても、自分に自信がないとどうしても嫉妬してしまいがちです。その場合、彼と仲の良い女性に嫉妬するというよりは「彼と仲良くできること」ということ自体に嫉妬してしまう人が多いのではないでしょうか。「自分はたまたま彼女だけど、いつかフラれるかもしれない」と常に思っている人は、嫉妬しやすくなってしまいます。嫉妬していても苦しいだけですので、自分磨きをして自分に自信を持つのがおすすめですよ。
今までは嫉妬なんてしたことがなくても急に嫉妬深くなってしまったなら、過去の恋愛が原因かもしれません。特に過去に浮気された経験があると、彼と女性が親しくしているだけで「また浮気されるかもしれない」と考えて女性に嫉妬してしまうでしょう。トラウマにより、彼に近づく女性は全員敵だと思ってしまうのです。残念ながら、時間が経って浮気の傷が癒えるまで、なかなか嫉妬を辞められないかもしれません。
彼がモテる人だと、どんなに信用しようとしても不安になってしまうでしょう。自分磨きをしても、自分より遥かに素敵な女性が彼に近づくことで不安になってしまいます。彼がモテるから嫉妬してしまうという人は、その状況に慣れることでしか嫉妬を抑えることができません。嫉妬を表に出さないような訓練をしていった方が良いかもしれませんよ。
嫉妬すると、可愛くない発言をしてしまい自己嫌悪してしまうこともあるでしょう。嫉妬しても良いことは一つもありません。どうしても嫉妬したくない人は、早めにその原因を解決して、嫉妬しない自分に近づく努力をするのがおすすめです。(土井春香/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事