2021.07.30

「職場でモテたい♡」そのために覚えておきたいテクニックは?

職場は仕事をする場ですが、大企業のようにハイスペック男性が多い職場で働いていると、結婚相手を探したいと感じる人もいるでしょう。また、彼氏を作る気はなくても、ちやほやされてモテる存在になりたいと感じる人もいます。そのように職場でモテたい場合、どうすれば良いのかテクニックを紹介していきます。
相手に尊敬しているという気持ちを伝える時は「〇〇さんなら大丈夫だと思っていました!」のように「なら」という言葉を使いましょう。そうすることで「他の人とは違うと思っている」ということをこっそりアピールできます。あからさまに「〇〇さんはさすが!」のように言うと不自然で相手も戸惑ってしまうため、ちょっとした接続詞を意識して相手の心をつかむようにしましょう。
たとえば「センス良いですね!」と言われると、普通にセンスだけを褒められているように受け取るでしょう。これだけでも褒め言葉としては十分ですが「センスも良いですね!」と伝える方がおすすめです。こうすれば、センス以外にも相手に優れていることがあることを分かっているとアピールができます。ちょっとした言葉の違いですが、意識させるためには十分な言葉ですよ。普段から自然と出てくるように練習しておくのもおすすめです。
残業している人に対しては、差し入れが有効です。それにはできるだけメモを添えて、「無理しないでください」など癒し系であることをアピールしましょう。ただし、可愛すぎるメモを使うと狙いすぎているように思われるので逆効果です。そっけない無地のメモや付箋を使うことで、「狙わなくても気遣いができる女性」だとアピールできます。可愛い文房具だけではなく、こうしたちょっとした時に使えるようなシンプルな文房具もストックしておきましょう。
一日の大半の時間を過ごす職場なら、相手との相性も分かりやすく素敵な男性を見つけるのに適した場です。企業によっては、ハイスペック男性を狙える場合もあるでしょう。職場でのモテテクを駆使して、素敵な男性を捕まえましょう。(土井春香/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事