2021.07.31

遠慮しちゃダメ!新婚だからこそ確かめておくべきポイント3選♡

新婚時代は、ちょっとしたことも遠慮してしまいがちです。数年後には「なんであんな遠慮してたんだろう」と笑い話になることまで遠慮してしまう人もいるでしょう。しかし、何もかも遠慮していてはいけません。
新婚生活だからこそ、確かめておかなければならないこともあります。自分だけが我慢する生活は長続きしません。これから仲良く何十年も一緒に過ごすためにも、確かめておきたい事柄をチェックしましょう。
結婚した時、バタバタしていると忘れがちですが保険は非常に大切な内容です。生命保険の受取人、あるいは保障内容などはしっかりチェックしましょう。
保険が少なすぎるケースが多いですが、場合によっては独身時代に付き合いで契約して多すぎる保険をかけている人もいます。家計にダイレクトに直結する内容ですので、保険はしっかり見直して場合によっては受取人なども変更しておきましょう。
二人で生活していると家事分担が必須です。どちらかが大黒柱として働き、もう片方が専業主婦あるいは専業主夫となるのならそれほど家事分担は必要ではありませんが、共働きをするのであればお互いの生活時間帯も含めて分担を決める必要があります。
そのため、できるだけ早く相手の家事能力を見極めてお互いに無理のない分担を決めましょう。「せっかく新婚だし!」と無理して一人で家事をやると、いつの間にかそれが当たり前になってしまうかもしれません。
お互いの実家との付き合い方も新婚時代にチェックしておきたいポイントです。家によって、数ヶ月に一度は集まる家もあれば、数年会っていない家族もあるでしょう。お中元やお歳暮だけではなく、母の日や父の日に何か送った方が良い家庭もあります。
自分の育ってきた家庭の常識が通用しない場面も多々あるので、必ず相手と「この場合はどのように対応するか」を話し合って決めるのがおすすめです。
なかなか肝心な話し合いがしづらい新婚生活ですが、最初だからこそ話し合っておかなければならない内容もあります。今後仲良く暮らしていくためにも、言いづらい内容でもしっかり話し合っておきましょう。(土井春香/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事