2021.08.13

どれだけ待つのが理想!?別れ方別、元カレとの【復縁までの冷却期間】とは

別れたけれど元カレのことが忘れられないという女性もいますよね。なんとか復縁したくて、頻繁に連絡を取っているということもあるでしょう。

復縁要請をたくさんすれば、元に戻れるということはありません。タイミングが悪いことで、復縁のチャンスを逃してしまうこともあります。そこで、別れ方別、元カレとの復縁までの冷却期間について紹介します。
一方的に彼氏からフラれた場合、半年ほど冷却期間を置いた方がいいでしょう。すぐに復縁を求めても、彼氏の気持ちは変わらないばかりか連絡を拒絶されてしまう恐れがあります。

一方的にフラれるのは、あなたと一緒にいたくない何かが彼にあるのです。そのわだかまりが解けない限り、復縁を求めても元さやに戻ることは難しいでしょう。
彼氏に好きな人ができて別れた場合、冷却期間は好きな人とどうなったかによって変わります。告白してフラれたようであれば、すぐにでも復縁を求めてもよいでしょう。

ただし、好きな人と付き合った場合は別れるまで待たなければいけません。新しい彼女といい感じの時に連絡をしても、邪魔な存在になってしまうだけなのです。
些細なことがきっかけとなって、勢いでケンカ別れをしたという場合は、1 か月ほど冷却期間を置いた方がいいでしょう。1 か月もたてば、ケンカした内容を冷静に考えることができます。

きっかけが小さなことなので、当時のことを謝って復縁して欲しいと言えば元さやに戻れる確率は高くなります。彼の怒りが冷めて冷静になれるまで、少しの間待ちましょう。
自分に好きな人ができて別れた場合、3 か月は待った方がいいでしょう。彼氏の性格にもよりますが、自分勝手に別れを告げてきて早々に元さやに戻ろうとするのは呆れてしまうということもあります。

3 か月ほど冷却期間を置くことで、冷静になってあなたの大切さを改めて思い出したなど説得力のある言葉を伝えることができます。好きな人とうまくいかなかったとしても、すぐに元カレに連絡を取るのはやめておきましょう。
冷却期間を見極めることによって、復縁がうまくいく確率が高くなります。彼氏の性格なども考えて、適度な期間を見極めましょう。

(ハウコレ編集部)

関連記事