2021.08.21

危険信号!彼が気持ちが冷めかけてる時にとりがちな行動3選

ある朝、起きたら突然心が冷めて恋人と別れたくなるということはめったにありません。付き合っているうちにちょっとずつ合わない点が見えてきて、モヤモヤする部分があり別れを告げるというケースが一般的でしょう。
では、彼の気持ちが冷めてきたことにいち早く気付き、リカバリーするにはどうすれば良いのでしょうか。男性が気持ちが冷めてきた時にとりがちな行動を紹介していきます。
今までは頻繁にLINEをしていたのに、急に長期間スルーされるようになったら、冷められている可能性があります。彼はLINEをしていた時間を他の女性に使っていたり、自分の趣味に使っていたりするのかもしれません。
最初からあまりLINEしないカップルであれば問題ありませんが、今まで起きてから寝るまで仕事の時間以外はLINEをしていたというカップルは、急に来なくなった時点で疑うようにしましょう。
せっかくのデートなのに「そろそろ帰ろうか」や「疲れたから今日はもう終わろう」のように言われる場合、彼はデートがストレスになっている恐れがあります。気持ちが冷めているからこそ、デートを単に時間の無駄だと考えているのかもしれません。
それだけではなく、デートの約束をしたがらないなどの状況も彼が冷めかけている時によく見られる行動なので気を付けれなければなりません。
彼の仕事の予定を頑なに教えたがらない時にも注意しましょう。今までと部署が変わったわけではないのに、急に「まだシフトが決まってない」などの言い訳をされる場合、予定を教えてデートの日程を決められるのを避けているのかもしれません。
既に浮気していて浮気相手の存在を隠すために予定自体を教えようとしない可能性もあるので注意してください。
恋人はお互いの気持ちが向き合っているからこそ継続できる関係です。彼の気持ちが冷めかけた時にすぐに対処しないと、完全に冷めてしまい別れが避けられなくなるでしょう。
彼と別れたくないのであれば、いつもと違う彼の様子には敏感に気付いて彼の気持ちを取り戻す努力をしましょう。(土井春香/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事