2021.09.05

自然にできる!「甘え下手な人」におすすめの甘え方とは?

なかなか人に甘えることができない甘え下手な人っていますよね。自分ではそこまで甘え下手とも思ってはいなくても周りからすると甘え下手すぎて損しているように見られることもあるでしょう。

ただ、今まで甘えてこなかった人生を過ごしていると、急に甘えたほうがいいと言われてもどうしていいか分からないですよね。そこで今回は、甘え下手な人におすすめの甘え方について紹介します。
甘え下手な人は、とりあえず何でも自分でできると思っている傾向があります。しかし、どうしてもできないことってあると思いませんか?まずは自分に何ができないのかを知るところから始めましょう。

そして、できないことを把握することができたら、その部分だけ誰かに甘えるのです。「〇〇ができないから助けてもらえる?」と正直に自分ができないことを相手に伝えてみてください。可愛い甘え方にもなりますよ。
甘え下手な人は、態度で甘えるということがなかなか難しいところがあるでしょう。甘え上手な人のように上目遣いをしてみたり、相手の手を握ってお願いをしてみたりなどはできないはずです。

しかし、自分がこうしてほしいという要望を伝えることはできますよね。そのため、「〇〇してほしいんだけどいいかな?」などのように伝えてみましょう。ポイントは柔らかく伝えることです。柔らかさがあると甘えているように感じられますよね。
甘え下手な人は、言葉も少ない傾向にあります。自分の気持ちが相手に伝わらないということも多いのではないでしょうか。そこからも甘え下手だなと思われている可能性がありますよね。

しかし、甘えられる人には甘えたい気持ちもあるでしょう。そんなときは、相手に「私はあなたのことを信用しているよ」と伝えてください。信用しているというだけで自分の心が少し相手に甘えているのが分かるでしょう。
甘え下手な人は、甘えるのが苦手というのを暴露しましょう。これは、誰にでも暴露できるものではありません。実は、暴露できる相手には甘えられる可能性があるとみることができます。

「人に甘えるのが苦手なんだ。でもあなたになら...」と繋げることで、相手に上手に甘えることができるようになりますよ。
誰にでも容赦なく甘えたらいいというものではありません。甘え下手な人は、自分が甘えられる人を見つけて、その人にだけ甘えることができたらそれでいいでしょう。甘え下手でも自分で頑張れるという武器を持っているのですから、そこは自信を持ってくださいね。(みいな/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事