2021.09.14

【脈アリ確定?】両想いな時にしがちな男性の言動3選を紹介!

男性側が両想いを確信したら、すぐに告白してほしいと思うのが女心です。しかし、男性としても両想いであることが分かったからといって、すぐに告白する人ばかりではありません。

両想いが確定した時期に安定して駆け引きを楽しみたいという人もいれば、もう少し確信を持ってから告白したいと考える人もいるでしょう。

では、そのように考える男性は両想い相手の女性に対してどのような言動をするのでしょうか。代表的な言動を3つ紹介します。
両想いだと確定する前は、どんなに親しくても微妙な距離感のためお互いに直接的なアプローチは避けることもあるでしょう。しかし、一度両想いが確定してしまえば遠慮する必要はありません。

まるで付き合っているかのように親しく接することができます。だからこそ、今まで奥手だった男性も「二人で」という言葉を多用してくる可能性があります。もし男性から急に二人きりで誘われることが増えたら、男性は両想いの期間を満喫しているのかもしれません。
単にデートに誘ってくるだけではなく「バレンタインって暇?」や「クリスマス前の金曜日って忘年会とか入ってる?」のようにイベントの予定を聞いてくるのも両想いを確信した男性の言動として特徴的です。

自信がないタイプの男性に多く「俺と両想いだから空いてるよね?」と確信がほしくて、このような質問をするようです。空いていることを伝えるだけではなく、もっと好意をアピールしないとなかなか告白してくれないかもしれません。
両想いを確信した後、恋愛の将来的な希望を聞いてくる男性も多いでしょう。特に結婚を意識する年齢の男性は、恋愛に対しても慎重になり、自分と同じ恋愛観の女性と付き合いたいという気持ちからこういった質問をする人が多いようです。

男性と近い恋愛観を答えたら、一気に二人の関係も進展するかもしれませんよ。
告白する前、お互いに両想いだと分かっている期間は付き合ってからは味わえない特別な楽しさがある期間です。早く告白したいという気持ちを少し我慢して、あと少しだけその特別な楽しさを堪能してみてはいかがでしょうか。(土井春香/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事