2021.09.17

どうして?相性抜群でも【別れるカップル】の特徴って?

相性抜群のカップルと自分で思ったとしても、結婚せずに別れてしまうこともありますよね。相性抜群なのになぜ別れてしまうのか不思議に思いませんか?

相性抜群だから結婚も間違いないというカップルもたくさんいますよね。今回は、相性抜群でも別れるカップルの特徴について紹介します。
相性抜群のカップルは、相性がいいだけに相手に対して色んな期待をしてしまうことがあるでしょう。しかし、相性がいいからといって、いつも自分の期待に相手が答えてくれるとは限りません。

相手が期待に答えてくれないことが多くなると、いくら相性が良くても相手に対して幻滅してしまうようになりますね。そのため、最終的には別れが訪れることもあるのです。
相性がとても良かったとしても、片方が結婚したいと思いながら付き合い、片方が結婚を考えずに付き合っているとなると向いている方向がまるっきり違うカップルになってしまいます。

そのため、考えていることも徐々に違うことになっていくため、相性がいいのに別れる結果になるのです。もったいない別れにもなりますが、向いている方向が違うということはタイミングが違うということでもありますね。
相性がいいと、お互いに相手に対して安心感を覚えるようになるでしょう。それはそれでとても素敵なことですが、マンネリになってしまって刺激がありません。このまま結婚できたらまだいいですが、マンネリが理由で別れることもあります。

別れた後で、相性の良さを痛感してガッカリすることもありますが、マンネリは仕方がないものです。相性がいいだけに訪れやすいマンネリには注意が必要です。
どれだけ相性が良かったとしても、どちらかが浮気症だったら長続きはしません。相性がいいので、本格的に離れるのに時間がかかることもあるでしょう。しかし、浮気症は治らないため、すっぱりと別れることのほうが多くなります。

浮気されて傷つくことで、相性がいいか悪いかなんて関係ないと思うようにもなり、浮気したほうを振ることも考えられますね。
相性抜群のカップルは、長く続いて、その後結婚までするように感じませんか?しかし、相性がいいというだけで長く続くとは限りません。別れるカップルもたくさんいますよ。相性の良さだけで安心してはいけないですね。(みいな/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連記事