2021.09.19

しっかり観察しよう!「別れたいとき」男性はいつ決意する?

男性は「別れたいな」と思ったとき、いつ本気で別れを決意するのでしょうか。別れを決意する前ならまだ気持ちを取り戻すことができるかもしれません。

今の彼氏と長続きしたい人、別れたくない男性がいる人に向けて、別れたいときに男性はいつ決意するのかについて紹介します。
自分の中で「別れたいな」と思っても、最初からすぐに行動に移すという人は少ないでしょう。多くの人が、別れたいと思ってからしばらく時間が経過して「もう限界だ...」と思ったときに決意します。

この限界というのは、相手への気持ちがないまま付き合っている状態に耐えることができなくなっていることを言います。最初は別れるか悩んでいるところなので限界はきていませんが、限界がくると決意も固くなるでしょう。
仕事での目標ができたときなんかに、彼女と別れたいと前々から思っていたという人は、ここで決意することもあります。目標ができたことが別れる理由になるため、別れやすいのです。

「この仕事を完璧に仕上げて昇格したいから別れたい」と言われたときは、実は前からずっと別れを意識されていたと思っていいでしょう。
別れたいと思い出したら、男性は違う女性を見ることもあるでしょう。その場合、自分の中では、彼女への愛情が冷めているため浮気している感覚がありません。他で出会いを探しているため、他の人を好きになることも当然あります。

他に好きな人ができたら、男性はパッと気持ちが切り替わるため、別れを決意するでしょう。このときは、もう彼女に対して優しくすることもできなくなっている可能性があります。
自分が別れたいと思いながら付き合っていることに申し訳ないと感じたり、別れたいと思う自分よりも大事にしてくれる人と付き合ったほうがいいと感じたりしたとき、別れることが相手のためだと男性は思います。

こういうときは、別れの決意が強くなるでしょう。相手のために自分が別れを切り出さないといけないと思うのです。ただ、相手のためといいつつも自分のためになっている男性も多いですね。
別れたいときの決意を男性がしたら、そこから決意が揺るぐのは最初のうちだけでしょう。その決意が固まる前に対処すると、別れずに済む可能性もありますよ。早めに変化に気付けるといいですね。(みいな/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事