2021.09.30

愛されたい!男性に溺愛される【恋愛に対する考え方】3選!

恋愛は追いかけるよりも追われる方が幸せになれるといわれていますが、実際はいつも男性のことを追ってしまう......という女性はとても多いです。

好きすぎてつい尽くしてしまったり、彼の予定に合わせてしまうなど、受け手になることも少なくありません。

本当は、男性に溺愛されることを望んでいませんか?溺愛へ一直線の「恋愛に対する考え方」をお伝えします。
一昔前は結婚して退社する、いわゆる「寿退社」がステータスになっていた時代もありました。
しかし、今では経済的な心配はもちろんのこと、女性の社会進出も相まって結婚しても仕事を続けるケースが増えています。

その中でも、結婚したら仕事はやめたいな......と思っている女性もいますよね。養ってもらいたい......とひそかに夢を持つのは、女性なら考えたことがある人もいるのでは?

男性は、できれば仕事を続けたいと思っていて、自立している女性に安心感を覚えるのだとか。
結婚後も仕事を続ける考え方の女性は、男性から溺愛されることでしょう。
子育てや仕事など、女性の役割は本当に多くなりました。
女性が頑張れるからなのですが、1人で子育てをしている状態になってしまうワンオペでは、ストレスもたまってしまいますよね。

明らかにワンオペで無理と判断したときは、はっきりと伝えて話し合うスタンスがベスト。

結婚前なら、自分のライフスタイルに合っていない場合は、無理をして受け入れる必要はないということです。
無理をして爆発してヒステリックになる女性を男性は苦手としているので、無理なものは最初からはっきり断るスタンスが好まれます。
女性にとって、子供を産むなど物理的なこともあり、結婚の年齢はとても気になるところ。
なかなか結婚に踏み切らない男性にイライラしたり、迫ってしまうこともあるでしょう。

男性にとって、女性の人生を自分が背負うことから、結婚をライトに考えてくれる女性の方が、溺愛される傾向にあります。
かえって結婚にこだわらない女性の方が、溺愛されて結婚を申し込まれるパターンが多いです。
恋愛に対する考え方で、男性から溺愛されるかどうかが決まるなんて、ちょっと意外な気がしますよね。
男性は女性のことを冷静に分析しているので、これから自分が一緒にいる人なのかをしっかり判断しています。

追うと逃げる精神は、男性の方が強く出るため、物足りなさを感じさせて追わせる方が、溺愛される女性になれるでしょう。

もし溺愛されたいな......と思ったら、ぜひ恋愛の考え方を変えて、溺愛される女性になりましょう。

(ハウコレ編集部)

関連記事