2021.10.18

「キスが嬉しい!」彼にストレートに伝えられる仕草3選♡


彼からのキスが嬉しいとき、その気持ちをどう表現しているでしょうか。

もしかして「嫌がらないんだから喜んでることは伝わるだろう」と、ノーリアクションを貫いていないでしょうか。実はそれでは彼には気持ちが伝わらず「キスしないほうがいいのかな」と彼を悩ませてしまう原因になりかねません。

では、どうすれば彼にキスが嬉しいことを伝えることができるのでしょうか。彼に気持ちが伝わる3つの仕草を見てみましょう。
キスの後に無表情だと、彼女の気持ちが分からずに男性も困ってしまいます。そのため、キスの後にはしっかりニッコリと笑い、嬉しい気持ちをアピールするようにしましょう。

笑顔を見せるだけで、言葉がなくても喜んでいる気持ちを彼に伝えることができます。言葉で思いを伝えるのが苦手という人は、キス後の表情で彼に気持ちを表現しましょう。
逆に言葉で伝えるほうが表情や仕草で伝えるよりも得意という人は言葉で伝えるのももちろんアリです。ただし、「キスが嬉しい」という言葉はストレートすぎてあざとく聞こえるのではないかと不安になる人も多いでしょう。

そう感じる人は「もう一回して!」とおねだりをするのがおすすめです。自分からねだればキスが好きで嬉しいことをしっかり伝えられますよ。
仕草で嬉しさをストレートに伝えたいなら、自分からキスやハグをしましょう。とはいえ、性格によっては女性からキスをするのは恥ずかしいと感じる人もいるでしょう。

そういう人にはハグがおすすめです。キスの後のタイミングでハグをすれば、喜んでいる気持ちをしっかり伝えることができます。もしかしたら、彼も今まで以上にイチャイチャしてくれるかもしれません。
彼からキスをされたとき、大人の女性を気取ってクールな対応をしてしまうと、喜んでいないと誤解される恐れがあります。

それどころか、突然のキスに怒ったのではないかと彼が気に病んでしまう恐れもあるでしょう。彼からのキスが嬉しい場合は、とくに気取らずにストレートに気持ちを伝えるようにしましょう。(土井春香/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事