2021.10.08

男性の甘えたいサインに気づいて、二人の仲をもっと深めよう♡


甘え好きの男性のサインにあなたは気がついていますか?
男性はちょっとした態度で甘えたいサインを出していることが多いのです。
特別な相手だからこそ、甘えることができるというサインを見逃さずに甘えさせてあげることで、二人の仲はもっと特別な関係へと発展します。
そこで今回は、男性の甘えたいサインについてお伝えしたいと思います。
 
体をくっつけてくる、頭をのせてくる、抱きしめてくるなどのボディタッチをしてくるときは甘えたいサインです。
「甘えたい」と素直に言葉にできない分、何かとボディタッチをして甘えたいという意思表示を行動に表した結果なのです。
女性は男性にくっつくと安心感を感じるのと同じように、男性は女性にくっつくことで癒しや温もりを感じることが多いようです。
 
一般的に男性は仕事などの愚痴を言わない人が多く、自分の中で気持ちを処理してしまうことが多いようです。
ですが、愚痴を言わなくても落ち込んでいるときはため息が多くなったり、考え込んでいることが多かったり、元気がなかったりします。
直接ストレートに核心をつくような言葉は神妙な雰囲気になり、かえって落ち込ませてしまうこともあるので、「どうしたの?なんか元気ないけど」「大丈夫?」などの言葉をかけながら軽いボディタッチを交えて甘えやすい雰囲気を作りましょう。

聞いてほしいことがあれば、少しずつ話をしてくれたり、甘えてきたりします。
そういったときは思いっきり甘えさせてあげると、話をしなくてもそれだけで元気になって癒されることが多いようです
 
男性の「疲れた」や、「眠たい」などという言葉には、「今日は甘えたい」というサインが含まれている場合もあるので要注意です。
ただ、甘えたいというサインではなく、ただ本当に疲れているから眠たいからというときもあります。
ですが、男女関係なく疲れているときや眠たいときなどは人肌恋しくなるものです。
 
彼を癒してあげる意味でも「眠たいなら膝でどうぞ」などと膝枕をしてあげると甘えたくない場合でも彼は甘えてくるかもしれません。
甘えたいけど素直に言葉にできない男性も多いので、その男性のプライドを尊重しながら言葉の意味を読み取って甘えさせてあげると喜ぶ男性が多いのです。
 
男性は甘えたいときに言葉にするのは恥ずかしい、格好悪い等と言葉では直接言わずに態度に表すことが多いようです。
彼の甘えたいサインを見逃さずに「お疲れさま」「今日は私が甘えさせる番ね」などの言葉と一緒に男性が甘えやすい雰囲気を上手に作ることでより一層甘えやすくなるはずです。
彼を甘えさせることができれば、より愛も絆も深まり、かわいい部分をもっと見せてくれるようになるかもしれませんよ。
(ハウコレ編集部)

関連記事