2021.11.06

男性の【釣った魚に餌をあげない】にハマりがちな女性の特徴

どうもあかりです。
付き合った途端に彼氏からあまり構ってもらえなくなることを、「釣った魚に餌をあげない」現象と呼んだりしますが、この被害に遭う女性に見られる2つの特徴をご紹介します。
まずは、交際序盤から「好き」の愛情表現をし過ぎてしまう女性です。
基本的に男性は、自分自身が彼女に対して抱く「好き」より、彼女が自分に抱く「好き」の方が大きい(俺より彼女の方が「好き」が大きい)と感じた瞬間に、サボります。

仕事の締切が思ったよりも先だと、ついつい「今はいいや」とモチベーションが出ずに先延ばしにしてしまうときの気持ちと少し似ています。

たしかに、「好き」アピは大事ですけど、交際初期の頃はうまく量をコントロールしてあげて、彼氏に「ねえ、俺の事好きなの?」とたまに聞かれるくらいにしておくのがちょうどいいです。
「彼氏以外に興味があるもの、好きなことがない」という女性も、「釣った魚に餌をあげない」の被害に遭いやすいです。

具体的には、スケジュールのうち仕事以外は彼氏のデート以外に予定がなく、暇があればとりあえず会いたい、みたいな状態になっている女性です。

これが危険な理由は、まさに先ほど書いたのと同様です。「彼女は俺以外に興味がないんだ」と思うと、男性は彼女を「追いかける」動機を持てないので、「大切にしよう」と思えなくなります。

ハウコレの記事を通じて何度も言っているのですが、やっぱり、「この恋は成功させたい!」と思う恋をするときほど、恋以外にも楽しめること、夢中になれることを並行して持っていた方がいいです。

仕事や趣味、友達に対しても熱意や興味がある方が、彼氏は「この子をもっと俺に夢中にさせたい!」と頑張ってくれますからね。

「恋に盲目」状態だと、恋愛はなかなかうまくいかないのです。
彼氏が釣った魚に餌をあげてくれるかどうかは、やっぱり交際初期の彼女の振る舞いで大部分が決まります。

これから交際が始まりそうな人、まさについ最近始めたという人は、この2点に注意してみてください。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事