2021.11.14

尽くしすぎると飽きられるってホント?【男性心理】に迫ります!

好きだから彼のことを思って尽くしたいという感情は当たり前のように思います。

もっと彼に好きと思って欲しいからこそ、彼に尽くすわけですが残念ながらその行為は逆効果と言える部分があるようです。

尽くす女性を嫌いに思う男性はいないと思いますが、尽くしすぎてしまうと飽きられる原因になるというから驚きです。

今回はその理由についてお伝えします。
大好きな彼だから尽くすというのは、女性にとって自然な行動です。
心の中は、尽くす事で彼にもっと好きになってほしいという思いがどこかあり、尽くすことで彼との距離感がまたグッと近づくように思えるからです。

しかし、この尽くす行為はいきすぎてしまうとまるでお母さんといった雰囲気になり彼女と見えなくなるようです。

もちろん、年齢の問題ではなくなんでもかんでもしてあげる行為がお母さんに感じるのです。
尽くしてもらう行為もいきすぎてしまったり、当たり前とおもうぐらいに頻繁にしてしまうと、彼はしてもらって当然とまでに感じてしまうようです。

好きだからしてあげるという女性の気持ちも頻繁にすることによって慣れへと変化してしまうからです。

そう思われないためにも、きちんと彼にメリハリを持たせ、自分自身にしてあげる範囲を決めておく事がポイントといえます。
尽くす行為は、相手にもっと好きになって欲しいという想いがあるとお伝えしましたが、残念ながら逆効果となってしまうことがあるのです。

そんなつもりが実は彼自身なかったとしても、してもらうことが当然と感じ、してもらえなかった時の不満が大きくなるからです。

尽くす行為がいけないといっているわけではなく、限度を決めておくことで、彼が価値がある行為と感じることができるのです。
尽くしすぎることに対して、お母さんのように感じてしまうとお伝えしました。お母さんに恋愛感情を抱くことはありませんから、尽くしすぎる行為は恋愛感情が薄まってしまうと思って間違いないです。

相手にドキドキする気持ちがなければもちろん辛いですし、ずっと好きでいてもらうためにもメリハリは必須です。
大好きな彼だからこそしてしまう行動も逆効果となってしまうこともあるのです。
そうならないために尽くす行為が当たり前ではないと彼に自覚させること、それから手を出しすぎないことがポイントといえます。

(ハウコレ編集部)

関連記事