2021.11.23

理想の相手?【初恋相手】に近い人と結婚するって本当?

初恋相手というのは、自分の中でとてもきれいな思い出として感じる事ができる恋愛の一つです。
初恋相手とお付き合いをするというのは、まずまれで少ない事です。
しかし、言えることは初恋相手が自分自身にとってとても素敵な相手と言えることです。

将来付き合いをして、結婚する相手が初恋相手に近い人である事が多いようです。
その理由はどのような事があるのか、まとめてみます。
理想の相手というのは、自分自身のなかでもちろんこんな男性であって欲しいという願望である事が言えます。
そんな女性にたいして理想相手というのは結婚相手に近いものがいえるのです。

理想の相手であれば、結婚したいと感じるものですし、もちろん初恋相手に近い存在なのです。
生涯にこの人と決めて結婚しますが、たくさんの恋愛の中で一番綺麗な思い出として残っているのが初恋なのです。
また、初恋は幼い時にする事が多く思い出が鮮明ではないため自分自身で良いものへと書き換えてもらうことができます。

思い出というのは、綺麗なものであればとても魅力的なものなのです。
初恋相手というのは、とても自分にとって幸せと感じた理想のものです。
結婚したいと幼い頃に憧れた事が現実にしたいと感じているものなのです。

理想と現実は違うものですが、理想に近づけたいと特に結婚に関してはかんがえおもうものなのです。
誰だって、結婚相手はこうであってほしいという願望に近づけるものなのです。
初恋相手の顔をはっきり覚えていますか?そう、問われた時にはっきり思い出せる方は少ないはずです。
しかし、初恋の思い出というのは不思議で書き換えていくものなのです。

自分にとって初恋相手は素敵な人だったという認識とこんなに良い人だったという実際にはそのようなことがなかったとしても書き換えてしまうのです。
つまり、初恋相手は自分自身が作り上げた存在であり理想の相手に変えてしまっている状態なのです。

誰でも、綺麗な思い出は綺麗にとっておきたいものですし、彼にとっても良いことです。
大事な相手というのは好きな相手であり、そして結婚相手であれば尚更といえます。
もちろん、初恋相手も同じ事がいえますし恋愛をしていく上でいちばんのスタートラインなのです。

結婚相手が初恋相手に似ているのは、自分にとっての理想の相手であることは間違いないです。

(ハウコレ編集部)

関連記事