2021.11.27

【似たもの同士】は恋に落ちやすい?その秘密に迫る!

似たもの同士はくっつくと言った言葉がある通り、実際に仲の良い友達が自分自身とよく似た趣味を持っていたり、あるいは性格が似ていることが多いようです。

では、相手が友達ではなく異性の場合はどうなるのか気になるところです。
似たもの同士はくっつくのか?解説していきます。
お互いに似ているからこそ、とても波長が合います。興味があるものや好きなテレビなど一緒にいてまるで自分自身をみているかのような感覚になります。

波長が合う人の方が恋愛は長続きする傾向にあり、結婚までの道のりもスムーズなようです。

波長があうことによって、一緒にいることのストレスを感じにくいという点が利点の一つと言えます。
お互いの考え方がほとんど同じの為、自分がこう思うなら相手もこうであろうと憶測を立てることができます。
とても助かるのが、相手の気持ちになって物事を考えた時です。

自分ならどう思うか、それを考えるだけでほとんど彼の意見に繋がるわけですから、人の頭の中は本来分からないもののそれだけで考えがまとまり楽になります。
一緒にいることで安心するのは、やはり似たもの同士であるからと言えます。
私たち似てるよねということばが自然とでてきたのであれば一緒にいることで安心感を得ている証拠です。

安心感はお付き合いをする上でとても大事なことであり、それがあるかないかによって恋愛が長続きするかそうではないかに関わるからです。

幸せと感じる時間を増やす為にも、相手の気持ちと自分の気持ちが同じというのは恋愛に必要な要素です。
似ているなぁというところから生まれるのが、恋心です。
恋愛をするにおいて興味を持つというのは大事なものであり、これだけ関心を得たのだからこれは運命の相手かもしれないと考えるのです。

相手に対して似ているという感情があるのであれば、きっと気になる証拠です。
勇気を出してフリーの方は恋のきっかけを作ってみてはいかがでしょうか?
似たもの同士がくっつくというのは、上記のような理由があるためと言えます。
自分自身に似た相手であれば、おのずと言葉がなくても相手に気持ちが伝わっているかのように感じます。
あなたもぜひ、そんな人を見つけくださいね!

(ハウコレ編集部)

関連記事