2021.11.30

彼からの溺愛もなくなる!?【最悪なLINE】はこんなLINE!

彼に溺愛されてると自覚している人も多いのではないでしょうか。ちょっとしたことでも嫉妬されたり軽く束縛されたりすると、面倒な反面彼の愛情を実感して嬉しくなりますよね。ですが、人の気持ちは変わるもの。

今、彼に溺愛されているからと油断していると、ふとしたことで彼の溺愛も台無しになり一気に嫌われてしまうかもしれません。今回のコラムでは、そのように彼からの溺愛も一瞬でなくなってしまうような、百年の恋も冷めるLINEを紹介していきます。
男性は、基本的にヒステリックな女性が苦手です。面と向かって話し合ってる時、ヒステリックになられると「話し合いとか無理!もう別れたい!」と思われるでしょう。

もちろん、それはLINEでも同じこと。むしろ文章を冷静に作れるはずのLINEでもヒステリックになる彼女とは、二度と会いたくないと思われるかもしれません。LINEをしていて彼と喧嘩した時でも、冷静になりましょう。
大好きな彼でも、不満を抱いてしまうこともあるでしょう。そんな不満は抱え込んでしまうより、彼に伝えて二人で解消していくべきです。

しかし、だからといってLINEで彼にいきなり不満を送りつけるのはやめましょう。さらに長文LINEだと印象は最悪。彼は読むのも面倒でうんざりして「あー、もう別れたい」と思ってしまうかもしれません。

言いたいことを全部言おうと思うと長くなりがちなので、LINEで彼の嫌な部分を指摘する時は気を付けてください。
テンポ良くやりとりしている時、急に彼からの返信が途切れると不安になりますよね。ネガティブ思考な人は、彼が急に倒れたのかと心配になるかもしれません。

ですが、そこでLINEの返信を催促したり、急に電話をするのは厳禁。彼から束縛癖のある重たい女性だと思われてしまっても文句は言えないでしょう。

LINEは彼のペースも尊重しながら二人で楽しむことが大切です。
彼に溺愛されていると、ついついワガママも加速してしまいがち。しかし、あまりにもワガママすぎると彼も堪忍袋の緒が切れてしまいます。彼のことが好きなら、甘えすぎず油断しすぎず、LINEでも彼のことを大切にしてあげましょう。(土井春香/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連記事