2021.11.29

言わなくてもわかっているは誤解!【気持ちを伝える】メリットって?

お付き合いをしているだけで、互いにわかっていると、全てを理解しているかのように誤解をしてしまうことが多いようですが、それは勘違いです。
自分自身の気持ちは自分自身でしか分からず、気持ちは言わなければ伝わらないのです。

伝えることにおいてどのようなメリットがあるのか、今回はお伝えします。
好きという感情を表に出すことによって、二人の愛情が深まります。
付き合っているから好きであたりまえという感情は、もっていて当然なのですがその気持ちが相手に伝わるかどうかはまた別問題なのです。

言葉にしなければわかりません。
もちろん会うたびに好きと伝えていては、愛情が伝わる以前にあたりまえになってしまいますのできちんと気持ちを理解して相手に好きと伝えてあげてください。
好きという感情を表に出すことによって、より一緒の時間が幸せになることを意味しています。
一緒にいられる時間というのは、相手が大好きな相手であれば尚更幸せな時間なのです。

好きと思われる気持ちを表に出してもらうことによって、今まで以上に一緒にいる時間が楽しく幸せなものに繋がっていくはずです。
将来を考えるのは、自分の生涯の相手としてこの人であってほしいという希望があるからです。
また男性にとって、結婚相手は付き合う相手とは違うとどこかわけてしまうようです。

お付き合いしている相手だから皆が結婚に対して考えられるというわけではないのです。
相手にとって理想の相手になるためにも、きちんとした愛情をつたえるのは大事なことなのです。
好きという感情を表に出すことによって、もっと相手のことを理解できるきっかけに繋がります。
好きだよといわれ、相手がどこに魅力を感じているか、あるいはどうして側にいてくれるのか、そんな心の中を覗き見るきっかけになっていきそうです。
大好きな人と一言で言えば、それまでですが相手に気持ちを伝えられるというのは大きなことに繋がります。
大事だから、思っているから気持ちが表に出ていなければ相手もそれを受け止めることはできないのです。

大事であれば、大事と分かる態度をし言葉をプラスすることで相手ももっと大好きになってくれること間違いなしです。
いつまでも素敵な彼、彼女の関係でいるためにも大事なことなのです。

(ハウコレ編集部)

関連記事