2021.12.02

イラっときた!男性が彼女との交際に【ストレスを感じる】瞬間

付き合っていると、友達同士の関係だったころには気にならなかったことがすごく気になってイライラしちゃったりしますよね。

自分では何気なくやっているだけの言動が実は彼氏にストレスを与えているかもしれませんので、みなさんも気をつけましょう。

ということで今回は、男性が彼女との交際にストレスを感じる瞬間をご紹介します。
男性は、「好き」って伝えているのが自分ばかりで、彼女の方から愛情表現をしてもらえていないと気づいたとき、不意にすごくイラっとしてしまいます。

本来、愛情表現って見返りを求めてやるものではないけど、「なんで俺だけ……」とふと気づいたときに、それを不満に感じてしまうのは無理はないでしょう。

彼氏だって聖人ではなくただの人間です。たまには自分からだけじゃなく、彼女からも愛情表現が欲しいと思うのは当然です。
「愛情表現をするのは男」というのは、付き合う前までだけのお話です。
交際前や、付き合ったばかりの頃はどんな些細なことに対しても「ありがとう」と言ってくれていたのに、次第に「ありがとう」が減っていく。

ずっとそばにいると、だんだん何かをしてもらえることが「当たり前」になってしまって感謝の気持ちが薄れていってしまうことは仕方がないといえば仕方がないけど、「何かをしてあげてる側」からすれば、やっぱりお礼の一言でも言われないと報われないと感じるのが普通です。

いつまでも新鮮な気持ちで、彼の思いやりに気づいてあげて、「ありがとう」を言ってあげましょう。
彼氏のデートの段取りがまずったりして、行くはずのお店に行けなかったり、予定が狂ったりしたとき、彼氏を責めてしまうのはご法度です。

彼氏はあなたの召使いではなく、「本来二人で決めるべきことを、彼氏が二人分頑張ってくれているだけ」ですから、もし何かミスが発生してもそれは二人の責任です。彼氏を責めるべきではありません。
「好き」って伝える。「ありがとう」と言う。彼氏だけのせいにしない。どれも当たり前のコミュニケーションですが、交際期間が長くなってくるとおざなりになりがちです。ぜひ、ご自身を振り返ってみて、もし当てはまるものがあれば、この機会に直しましょう。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事