2021.12.01

付き合ってから【モラハラ男】になる可能性大な男性の特徴3選

モラハラ気質のある男性と付き合いたいという人は基本いないはずですが、厄介なのは、
《付き合う前にモラハラ気質を見抜くのは難しい》ということです。

モラハラ男も、他人同士の関係のなかでは本性をうまく隠しますからね。
ですが、交際前であっても、本性を匂わせるサインは感じ取ることができるはずです。

今回は、そのサインを3つご紹介します。
モラハラ気質のある男性の多くが、《女性》全体を見下し、軽蔑しています(ひどい話です)。

なので彼らは、普段何気なく「女ってこういう生き物」「だから女は〇〇だ」みたいな、《女》という大きなカテゴリーを使って女性全体をディスるような発言をしがちです。

デートをするとき、その男性との会話の中でこういったフレーズが出てきたら要注意です。
その男性が、「自分よりも下」と認識している人と接するときの態度にも注目しましょう。

たとえば、レストランの店員さんに何かを訊いたりお願いをするときの言葉遣いや態度、それから職場の部下・後輩と連絡をしたり、彼らを話題に何か喋ったりするときの口調や内容のなかに、偉そうだったり、上から下に押しつけるようなところがないか。

もしそこにモラハラっぽさがあれば、間違いなくその男性と交際後、あなたが同じことをされることになるはずです。
その男性と家族との関係性にも着目しましょう。
《モラハラ》というのは、恋人関係に限らず、一定の近しい関係性のなかで発動するものなので、彼女と同じように近しい《家族》とのコミュニケーションにも表れます。

とくに、その男性とお母さんとの関係に注目しましょう(お母さんと彼女は、男性から見て関係性的に近いです)。

別に一緒に買い物に出かけるほど仲良しじゃなくてもいいですが、少なくとも「ババア」みたいな汚い言葉を使ったり、高圧的な話し方をしていないかを要チェックです。
いくらモラハラが嫌でも、一度好きになって付き合うと、それほど簡単に別れることもできず深く傷ついてしまう可能性もありますから、なるべく好きになってしまう前に距離をとるのがいいでしょう。

「私の彼氏モラハラだけど、付き合ってよかった」という感想って、今まで誰からも聞いたことがありませんから。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事