2021.12.06

もしかしてキスされる?男性に【キスされる前】の仕草って?

異性と一緒にいるとき「もしかしてキスされる...?」とドキドキしたことがありませんか?キスされると思った瞬間にキスされていることもあれば、キスされると思ったのにされなかったこともあるでしょう。

そこで今回は、キスされる前の仕草について紹介します。キスされる前の仕草が分かっていれば少しは心構えをすることができますよね。
やたらと隣に来る、座っているときに腕がピッタリとくっつくなどのように「距離が近いな...」と感じることがあったらキスされる前の仕草かもしれません。

あなたとのキスを今か今かと狙っているため、自然と距離も近くなります。立っているときにでも振り向いたらキスしてしまうのではないかと感じるくらい距離が近いと感じることもあるでしょう。
頭をなでられる、肩を組まれる、腰に手を回されるなどのように軽いスキンシップがあったときはキスされる前の仕草である可能性があるでしょう。あなたとキスをする前にあなたに拒否されていないかを軽いスキンシップで確かめているのです。

軽いスキンシップを受け入れてくれたら、もっと距離を詰めてくるかもしれません。そうなるとキスまであと少しですね。
体を引き寄せられたり、手を引き寄せられたりするとその後にキスが待っている可能性があります。一緒に道を歩いていて「危ないよ」と引き寄せられた場合はキスは待っていないことが多いですが、何もないところで引き寄せられたらそのままキスということもあるでしょう。

引き寄せられてキスまではあっという間に終わることもあるので、グッとされた瞬間に覚悟をしておくといいですね。
いきなり顔が近くにくると「キスされるかも…!」と思いますよね。その考え通りに顔が近くなるのはキスされる前の仕草であることが多いでしょう。

身長差があるのに顔が近くにくる、普通じゃ考えられないほど顔が近くにくるということが頻繁に起きていたら、相手はあなたとキスしようと何度もチャレンジしているのかもしれないですね。
キスするのってドキドキしますが、実際はキスされる前の仕草のほうがドキドキしそうだと感じませんか?ドキドキを楽しんで恋愛してくださいね。(みいな/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連記事