結婚式

2022.04.28 更新

結婚相談所はメリットだらけ!向いている人と向いていない人とは?

結婚を考え始めたときに恋人がいない場合、まず思いつくのが婚活です。一概に婚活といっても様々な方法があります。婚活パーティー、街コン、結婚相談所、最近はマッチングアプリも主流ですよね。

しかし、この中でもっとも結婚への近道となると結婚相談所だと思う人も多いのではないでしょうか。

結婚相談所は入会金やその他諸々の費用がかかるため、敷居が高いと感じる方もいるかもしれません。しかしその分、メリットもたくさんあります。

今回は代表的な婚活方法とともに、中でも結婚相談所がおすすめの理由をご紹介します!

合コン、街コン

知り合いの紹介で初対面の男女が集まって会食を楽しむ合コン、街コンサイトから応募した大人数の男女が地域の飲食店に集まって会食を楽しむ街コン。どちらも、会食をしながら初対面の男女と出会える婚活方法です。少人数で開催する合コンに比べると街コンは10人以上の大規模開催が多いイメージがあります。

メリットは複数の男性に出会って話ができること。また、その場のノリで連絡先が交換しやすいということです。

その一方で、真剣な出会いではなく、遊び相手探しのために参加する男性も少なくありません。中には彼女がいるのに参加する男性もいるので、真剣に結婚相手を探すのには不向きかもしれません。

合コンや街コンは、どちらかというと気軽な出会いや友達作りが目的の方にはおすすめです。

マッチングアプリ

マッチングアプリは相手のプロフや写真を見て、お互いに「いいね!」を送り、マッチングをして出会うことができます。気軽な恋活から真剣な婚活まで幅広いジャンルのマッチングアプリがあるので、自分の目的に合うものに登録するのがよいでしょう。メリットは、家にいながら自分の好みの男性と出会えること。女性無料のマッチングアプリも多いのでコスパがよいのも特徴です。

一方で、マッチングアプリの正しい使用方法やルールを理解していないとせっかく登録しても「いいね!」がもらえない、マッチングしないこともあります。明確な目標を持って登録する、マッチングプリ用にプロフや写真をしっかりと作り込むことが成功の鍵です。また、マッチング後はメッセージなど複数の人とやりとりをするので、マメじゃない人は不向きかもしれません。

婚活パーティー

婚活パーティーは、結婚を前向きに考える男女が集まるパーティーです。街コンや合コンに比べると結婚に対して真剣度が高い男女が集まります。婚活パーティーには立席で会話するものと、男女がローテーションして〝1対1〟で話すものと2種類あります。

メリットは時間やコストをかけずに婚活できること。女性の会費は1000~3000円ほど、男性が5000〜7000円ほどです。デメリットは理想の男性に出会えなければ、何度も通わなければいけないこと。

男性の年収が〇〇万円以上など、好条件のパーティーになると女性の参加費5000円~8000円ほどと高額になることです。また、1人条件のよい男性がいると取り合いになってしまうのでライバルが多いというのも難点です。

サンマリエ

サンマリエ
結婚相談所に入会したいけれど、どこを選べばいいのかわからない……という方におすすめなのが、老舗の大手結婚相談所サンマリエです。サンマリエは1981年から結婚相談サービスを展開し、今年で40周年を迎えます。

会員数は67500人以上と業界最大級、毎月3万8千件以上のお見合いが成立しています。北は仙台から南は沖縄まで全国に12店舗あるので、地方の会員が多いのも特徴です。

サンマリエでは仲人紹介型のサービスが基本で、経験豊富な専任のプロ仲人が会員の人柄や相性を考えて1人1人に合った相手を丁寧に紹介します。他には、定期開催されるお見合いパーティーなど手厚いサポートがあることでも評判です。

結婚相談所を初めて使う方、真剣に婚活をしたい方、対面でのサポートも受けたい方におすすめです!

\まずはあなたの理想を知ることから!/
【無料】サンマリエで理想の結婚相手テストを受けてみる

パートナーエージェント

パートナーエージェント
「パートナーエージェント」は2015年10月に上場し、今もっとも勢いのある結婚相談所です。会員数は右肩上がりで、「1年婚活」をモットーとし、データを使った結婚サポートが特徴です。

手厚いサポート力がウリで、専任のコンシェルジュに加えて5~6人の婚活のプロが同時にサポート!過去5万人の会員の婚活データから、会員1人1人に合ったプランをご紹介!結婚するためにいつまでに何人とお見合い、交際すればよいのか……といった1年間の婚活計画(成婚 KPI)を分かりやすく数値で説明します。

仲人型の結婚相談所の中では料金が安く、初期費33,000円、月会費14,300円、登録料33,000円とリーズナブル。

手厚いサービスでコスパがよいので、時間とお金をなるべくかけずに婚活をしたいという方にぴったりです!

\まずはあなたの4大価値観を知ろう!/
無料婚活EQ診断テストを受けてみる

結婚相談所は結婚を目的とした男女が入会しています。独身証明書や収入証明書を提出した人でないと入会できないので、遊び目的の人はまずいないと思ってよいでしょう。

結婚相談所には「データマッチング型」と「お見合い型」の2種類があります。それぞれの特徴を説明すると「データマッチング型」は、登録者が年収、身長、学歴、結婚歴などのプロフィールをデータ化して登録します。

自分が相手に求める条件も登録することで同じく相談所に入会している異性の中から、データに基づいた条件でお見合い相手を紹介してくれます。理想の条件をもとに結婚相手を探せるので、効率的に婚活ができます。

「お見合い型」の結婚相談所も、自分の条件と相手に求める条件を登録します。データマッチング型と違うのはAIやシステムでマッチングするのではなく、担当のコンサルタントが条件を見てお相手の会員を紹介してくれることです。

自分で探す手間が省けるので時短にもなり、データだけではわからない相手までコンサルタントが厳選してくれるメリットがあります。また、「お見合い型」はコンサルタントがつく分、「データマッチング型」に比べると料金がやや高めです。

そうなると、やはり気になるのは料金面。結婚相談所はマッチングアプリなどに比べると、入会金や月会費などがかかるのでコスパ面での心配をする方も多いと思います。結婚相談所に入会して成婚までの平均額はトータル10~30万円ほど。

しかし、合コンなどで結婚する気がない男性とダラダラ遊んだり、遊び目的の男性に引っかかってしまうという心配が解消されるのが結婚相談所のメリットです。また、仕事が忙しくて出会いを探すのに時間と手間をかけられないという方にも結婚相談所はおすすめです。

他には年齢や家族の都合で結婚を急いでいる、恋人はいないけれど好条件の相手との結婚を希望する人は、結婚相談所に入会するのが近道といえるでしょう。
結婚相談所は敷居が高いと感じる人もいるかもしれませんが、確実に理想の条件の人と結婚ができるというメリットがあります。

そのため、婚活パーティーに何度も行くのなら結婚相談所に入会したほうがコスパがよいと考える人もたくさんいます。特に仕事が忙しかったり時間がなかったりする人は、結婚相談所のほうが効率よく婚活することができます。

自分が理想の結婚相手に出会うためにどれくらいの費用をかけられるのか、いつまでに結婚したいのか……。これらのことを捻出して、自分が納得のいく結婚相談所を見つけるのも結婚への近道です!

関連記事はコチラ▼▼

関連記事