2014.04.26

綺麗になりたいあなたへ。美しい体をつくる3つの運動

引きしまった女性らしいボディの人に、憧れる人も多いのではないでしょうか?年齢を重ねるごとに、何もせずに綺麗な体でいるということは、不可能に近いです。引き締まった体は、様々な運動によってできています。また、最近は「細いことが美しい!」と考えている女性が多いですが、実は年齢を重ねていくなかで、細いと大きなデメリットがあるんです。そこで、今回は、美しいボディをつくるための3つの運動(有酸素運動・無酸素運動・ストレッチ)についてご紹介致します。

美しい体をつくる《3つの運動》とは?

美しい体をつくるのは《有酸素運動》《無酸素運動》《ストレッチ》の3つの運動が不可欠なんです。名前は聞いたことはあるし、なんとなく意味はわかるけど、具体的にどういう運動がそれにあたるのかって、いまいちピンとこないものです。一つずつ見ていきましょう。

有酸素運動とは?
酸素を体内に取り込みながら長時間行う運動のこと。ジョギングやウォーキング、スイミング、自転車、エアロビクスなどがあります。有酸素運動は、糖質と脂質を分解してエネルギーに変えていきます。脂質をエネルギーに変える働きがあるので、ダイエットなど、体の余分な脂肪燃焼などに効果的な運動です。

無酸素運動とは?
無酸素運動は、短距離走やウエイトトレーニング(筋力トレーニング)など、酸素を殆ど使用せずに運動するもの。有酸素運動に比べて、大きなパワーをだすことができますが、筋肉内に乳酸などの疲労物質が蓄積されます。無酸素運動は、筋力を大きくし、基礎代謝をあげることで痩せやすい体をつくったり、体を引き締める効果が望めます。私太くなるから筋力トレーニングをしないという女性も多いのですが、脂肪を早く効率的に燃焼させるためにも、筋肉は必要なのです。

ストレッチとは?
ストレッチは、体の筋肉や腱などを伸ばし、関節の可動域を広くする目的で行われます。有酸素運動や無酸素運動などを行う前、行った後にストレッチを行うことが多く、運動時の怪我の防止や、体内に老廃物が蓄積しにくい状態を作ります。男女年齢関係なく行うことができる運動で、正しいストレッチを行うことで、肩こりや腰痛の解消にも繋がります。

美しい体をつくる《効率的な運動方法》

この3つの運動を1つのトレーニングとして行いましょう。
美しい体を作るためには、筋肉が必要です。余分な脂肪を減らし、痩せるには、有酸素運動が必要です。この2つを効率的に継続して行うには、怪我をしにくい体作りと、疲れが残りにくい体作りが必要です。そのために、ストレッチ運動が必要になります。
人の体は車に例えることができます。大きなエンジン(筋肉)は、ガソリン(脂肪)を早く消費します。
また、定期的にメンテナンス(ストレッチ)を行わないと故障の原因になります。この3つの運動を効果的に組み合わせて運動をすることが、美しい体の近道です。

美しい体をつくるための《一日の運動時間》

有酸素運動であれば1日30分~60分を目安に行うことが理想的です。普段運動ができない環境の方は、エレベーターやエスカレーターを使用する所を階段にしたり、通勤時に1駅先まで歩いてみたりするなどして、有酸素運動を意識してみてください。
無酸素運動に関しては、目的によっても運動頻度や強度、時間が変わってきますが、週に2~3日は筋力トレーニングを行うことをおすすめします。日によって、週の1日目は下半身、2日目は上半身背面、3日目は上半身前面など、部分的に分けて行うと良いでしょう。上半身だけ、下半身だけと偏った筋力トレーニングは、体のバランスを崩す原因にもなります。
ストレッチに関しては、毎日寝る前やお風呂上がりに10~15分くらい掛けてゆっくり行ってください。体も柔らかくなり、心も落ち着きますので精神安定にもつながります。

美しい体は《細い=綺麗》ではない!?

若い女性にとって、細い脚、細い腕が綺麗の象徴になっていますよね。ところが、、筋力がない細い腕や細い足は、年齢を重ねるに連れて、体の様々なところに痛みや老いが出てくることが多いです。例えば、年齢を重ねていても、ある程度の引き締まった筋肉を持っていれば、重力に負けて垂れ下がることはありません。一番分かりやすいのが、お尻や、二の腕です。年齢とともに、基礎代謝も落ちて、痩せにくい体になってきます。いつまでも綺麗な体を目指すために運動をオススメします。

おわりに

綺麗な体を作るには、無酸素運動や筋力トレーニングを行って筋力を鍛えながら、有酸素運動で脂肪の燃焼を行うのがおすすめです。目に見える変化には2~3ヶ月掛かりますが、『美は一日にしてならず』ですよ。暖かいシーズンに向けて、運動を始めませんか?

(田中愛/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事