2021.12.28

「ちょ、近くない!?」男性が惚れる至近距離スキンシップ3選♡

至近距離のスキンシップは、狙った男性を落とすためにとても効果的です。今までどんなにアプローチをしても冷たい反応だった彼も、至近距離のスキンシップをした途端にこちらを意識してくれるなんてケースもあるでしょう。

ですが、至近距離だからこそ、わざとらしいと思われて男性に嫌がられるリスクもあります。

そこで、今回のコラムでは、自然に至近距離に近づきながら、男性をドキドキさせられるスキンシップを3つ紹介していきます。いまいち反応が悪い男性に片想い中の人は、試してみるのも良いかもしれません。
至近距離のスキンシップの王道といえば、ボディタッチですよね。
ですが、飲み会で太ももを触ったり、気軽に肩に触れたりするようなスキンシップは、セクハラとして嫌がられてしまいます。

そこで、気になっている男性にこそ軽いボディタッチになるよう意識しましょう。「ゴミついてましたよ」と言いつつ背中に触れるようなボディタッチがおすすめです。

いやらしさがないからこそ、至近距離に近付いても下心を見せず、男性を自然にドキドキさせることができるでしょう。
男性と話す時、普通よりも小さめの声になるように意識してみてください。そうすると、必然的に話す距離が近くなり、耳元で話せるようになります。

内緒話をしている雰囲気になり、親近感を抱いてくれる男性も多いでしょう。何気ない雑談もスキンシップの一つになるように工夫してみてくださいね。
スキンシップの王道と言えば、やはり上目遣いですよね。ですが、普段から上目遣いばかりしていると、あざとい女性だと思われてしまいます。

そこで大切なのが、お願いの時だけ上目遣いをすることです。お願いする時なら、多少あざとくても気にしない男性の方が多いでしょう。ここぞというスキンシップの場面で、自分の決め顔を発揮しましょう♡
男性を惚れさせるためのスキンシップなら、至近距離が基本です。

ただし、常に至近距離にいると、あざといなんて避けられることもあります。スキンシップの時は自然さを意識しながら、彼をドキドキさせてくださいね。(土井春香/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事