2022.01.20

「好きな人すらできない...」新しい恋ができない原因とは?

「恋愛がしたい」と思いながら、数年恋愛から遠ざかっている人がいます。そんな人の中には、「出会いがないから......」なんてごまかしている人も多いのでは?

そんな人は、自分でも気づかない理由が隠れているかもしれませんよ。そこで今回は、恋愛に消極的になってしまう原因についてご紹介します。
「彼氏がほしい」と思いながらも、なかなか新しい恋愛に進めない人の中には、過去に辛い恋愛を経験している人が少なくありません。

「彼氏に浮気をされた」「一方的に振られた」なんて経験をした人は、「もう二度と、あんな辛い思いはしたくない」と思っているはず。そんな気持ちが、知らず知らずのうちに素敵な人が現れても、気持ちにストップをかけている人もいます。
恋愛に消極的な人は、自分に自信がない人が多くいます。「どうせ私なんて、相手にされないだろう」「彼とはが不釣り合い」などと、最初からアプローチもせずに諦めてしまう人もいるでしょう。

これでは、いつまで経っても恋をすることなんてできません。本気で恋をしたいと思うのであれば、まずは自分磨きをして自信をつけることからはじめてみましょう。
恋愛に消極的というとマイナスなイメージが湧きますが、実は中には「現状が幸せ」と感じていることで、恋愛に必要性を感じていない人もいます。

「仕事が楽しい」「友達との時間があれば十分」「趣味の時間を満喫している」という人は毎日充実しているため、あえてここに恋愛をプラスしようとは考えないでしょう。
好きな彼がいるのにアプローチしない女性の中には、「付き合ったら、必ず別れがくる」と考え、友達の関係に満足している人もいます。確かに、友達のままであれば別れが訪れることはないでしょう。

しかし、恋愛に必ず終わりが訪れるとは限りません。最初から悪いことばかり考えるのではなく、恋愛から結婚に発展することを考えれば、行動も変わってくるのではないでしょうか。
恋愛に消極的になっている人の中には、単に「人とのコミュニケーションが面倒」と思っている人もいます。恋人となれば、相手の気持ちを確かめたり、確認したりすることも必要ですから、そういった駆け引きに苦手意識を持っている人も多いでしょう。

しかし、それこそが恋愛の醍醐味であり、楽しさでもあります。一人の人と深く関わるというのは、思っているよりも楽しいものですよ。
「恋人がほしい」と言いながら、なかなか行動に移さない女性の中には、自分でも気づかない原因が隠れているかもしれません。

もちろん、本気で「恋人なんて必要ない」と思っているのであれば、無理に恋愛をする必要はありませんが、「本当は寂しい」「恋人がほしい」という気持ちがあるのであれば、消極的になっている原因を突き止めてみましょう。

原因が分かれば、自分の気持ちとの向き合い方も変わってくるはずですよ。

(ハウコレ編集部)

関連記事