2022.01.17

どう乗り越えたら?【倦怠期】に入りそうなカップルの対処法

付き合い始めた頃は「この人とずっと一緒にいる!」と思えた相手でも、付き合って3ヶ月くらいで「なんかちょっと違うかも」とか「この先ずっと一緒にいるのは無理かも」なんて思うのは、珍しくないことです。

そのような倦怠期を乗り越えられるかどうかで、今後のカップル行く末が決まるといっても過言ではないでしょう。では、どうすれば倦怠期に入りそうな時期を乗り越えることができるのでしょうか。
「倦怠期に入ったかも」と思っていても、それは実はいつものデートプランに飽きているだけかもしれません。

「彼と会うのは楽しくてもデートが憂鬱」という状況なら、思い切っていつもとは違うデートプランを試してみてください。

友達カップルのデートプランを真似してみるのも良いでしょう。違う環境に行けば、彼の違う魅力を発見して惚れ直すなんてこともあるかもしれません。
お互いに気持ちが冷めているのに無理に連絡をとると、些細なことで相手にイライラして喧嘩になりがちです。勢いで「じゃあ別れる!」なんて言ってしまう可能性もあるでしょう。

そうならないためには、あえて連絡頻度を落とすのもおすすめです。離れて初めて、お互いのありがたさが分かることもあるでしょう。「会えない時間が愛を育てる」というのは、あながち嘘ではないかもしれません。
デートが楽しいかどうかは、正直金銭的な余裕が関係することもあります。
特に、今までは普通にデートをしていたのに急に節約デートを始めた二人の場合は「こんなデートは嫌だ!」とフラストレーションを溜めることもあるでしょう。

そうならないためには、たまには思いっきりお金を使ってラグジュアリーなデートをするのもおすすめです。

なんらかの事情で節約デートをしなければいけないカップルも、たまにはお金のことを気にせず遊ぶ方がストレス発散になりますよ。
一度倦怠期に入ってしまうと、どんなに相性の良いカップルでもなんとなく別れてしまうことも多いと言われています。

彼と別れたくない気持ちがあるのなら、倦怠期に入る前に全力で努力して回避するのがおすすめですよ!(土井春香/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事