2022.01.18

一緒にいたらダメ?好きでも【別れるべきカップル】の特徴とは?

「相手のことが大好き♡」とお互いに思っていても、それだけで幸せになれるとは限りません。場合によっては、お互いに好きなのに別れた方が良いような、相性最悪のカップルも存在しています。

そんなカップルは、一緒にいてもお互いを不幸にするだけなので、早いうちに別れを選んだ方が良いでしょう。では、具体的にはどんなカップルが離れた方が良いのでしょうか。相性最悪で別れるべきカップルの特徴を3つ紹介していきます。
お互いに相手のことは好きだけど信用できないなら、早めに別れた方が良いでしょう。相手のことを信用できないと常に浮気をはじめとした相手の裏切りを心配しなければなりません。

そんな付き合いが幸せとは言えないのは、もう解説するまでもないでしょう。付き合う相手は「一生一緒にいても全然ストレスにならない!」と自信を持って言えるほど信頼できる人を選ぶのがおすすめですよ。
カップルなら、一度や二度は大喧嘩をした経験もあるでしょう。ですが、その喧嘩がトラウマになってしまい、常に引きずっているのなら別れた方が良いかもしれません。

相手との喧嘩がトラウマになっていると、一緒にいて楽しい時間を過ごしていても、ふとした時に不安になってしまいます。

さらに喧嘩のたびに過去の話が出てどんどん険悪な仲になる可能性もあります。そうなる前に、楽しい関係のうちに離れた方が良いケースもあります。
相手をライバルだと思って「相手よりも立派な人間になりたい」と思えるのは、お互いに成長できる相性の良いカップルです。ですが、相手に負けたくない気持ちが強すぎるのはいけません。

最初は良いライバルだと思えていても、次第にモラハラやマウンティングが始まってしまう恐れがあります。「相手が不幸になっても自分が勝ちたい」のように思ってしまうのなら、それはもう幸せなカップルとは言えないでしょう。
「この人が好き!」という気持ちで一緒にいて幸せになれるほど、恋愛は簡単ではありません。場合によっては一緒にいるせいでお互いに不幸になることもあるでしょう。

どうせ恋愛を楽しむなら、お互いに幸せになれる付き合いをしてくださいね。(土井春香/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連記事