2022.01.23

元通りに戻るには?【倦怠期】の時の彼氏の本音を紹介!

長く付き合っていると、なぜかマンネリになってきて倦怠期に陥ってしまうことがあります。倦怠期になった時、どうしたら良いのか分からない人は少なくないでしょう。

元の通りにラブラブなカップルになるためには一体どうしたら良いのでしょうか。

そこで、今回は倦怠期の時の彼氏の本音って?どうしたら解決する?などの情報をお届けしていくことにします。
倦怠期は決して嫌いになった、別れたいと思っているわけではありません。
ですが、多くの人が倦怠期=嫌いになったと考えてしまう人が多く、そのまま別れてしまうと言うケースが少なくありません。

倦怠期で別れてしまうと、ほとんどのカップルが後悔するものです。
そんな風に倦怠期は重要な事態を招く可能性があります。

倦怠期になった時、彼氏は「会いたいと思えない、会うのが面倒」と考えている場合が多いと言えます。そういうことを解消するためには、新鮮味のあるデートなどをして気持ちを取り戻すことが重要になってきます。

倦怠期になる場合、マンネリが原因になってしまう場合が少なくないので、そのマンネリ化を防ぐためにもいつもとは違うデートをする必要があるのです。

例えば、近隣でばかりデートしていたカップルは、思い切って旅行に行くなど趣向を凝らしてみるのも良いでしょう。

一泊を高級な温泉旅館などで過ごせば、気持ちも大きく変わってくるものです。もちろん、その場合はプラニングは自分でする必要がありますので、頑張って計画を練りましょう。
どれだけ仲良く過ごしていても、1人の時間というものは必要です。
ですが、付き合い始めの頃は、いつでも一緒にいたいと、常に2人で過ごしているものです。

しかし、ある程度の期間を過ぎると、友人とも遊びたい、たまにゆっくりしたい、趣味に時間を使いたいなどの欲求が出てきます。また、彼氏は彼女を喜ばそうと頑張るものですが、付き合いが長くなると少し気を抜きたくなるものです。

それを克服するには、お互いに1人の時間を作ることが大切です。
とは言え、男性も自分だけが1人の時間を作ることに罪悪感を持つはず。

そうならないように、自分も1人の時間を楽しむようにすれば、彼氏も気楽に1人の時間を持てるようになります。

ずっと一緒にいるよりも、時々離れていることによって、次に会う時には新鮮さも感じることが出来るので、一石二鳥と言えますね。
倦怠期を迎える時に男性は「何だか最近ドキドキしないな」と感じていることが多いと言えます。付き合いがある程度続くと、お互いのことを知り過ぎてしまい、関係性が安定はするものの慣れが出てきて緊張感がなくなってしまうのです。

そのことによって、以前はドキドキしていた女性らしいファッションやヘアースタイルなどに、慣れてしまいます。

それを解消するには、彼をどのようにドキドキさせるかを考えなければなりません。
そのためには、彼氏好みのファッションやヘアースタイルで思いっきりイメチェンをしてみましょう。

久しぶりに気合の入ったあなたの姿を見て、彼氏は再びドキドキを取り戻すはずです。
関係が安定してきても、気持ちを入れるべきところはシッカリと意識しましょう。
今回は倦怠期の時の彼氏の本音って?どうしたら解決する?などの情報をお届けしました。
倦怠期は別れる理由にはなりません。

ただ、もっと好きになるための準備期間であると思って下さい。
そのためにもお互いが努力して乗り越えられるようにしましょう。

(ハウコレ編集部)

関連記事