2022.10.06 更新

「超ラブラブ♡」ではないけど結婚まで続くカップルの特徴3つ!

どうもあかりです。
それなりに恋愛経験のある方ならすでにおわかりだと思いますが、「ラブラブかどうか」と、カップルとして上手くいくかどうかはあんまり関係ありません。

ラブラブでも簡単に別れちゃうカップルもいれば、一見ラブラブではないけど何度かんだ別れず結婚まで行っちゃうようなカップルもいますからね。
今回は、後者の「パッと見ラブラブじゃないけど実は絆が深いカップル」の特徴をご紹介していきますので、みなさんが目指すべき方向性として参考にしていただければと思います。
一見ラブラブではないけど、絆が深いカップルの最大の特徴は、何をするでもないけどとりあえず二人で一緒にいることが多いカップルです。

沈黙が苦じゃなくて、特にその日やることはないけど、とりあえず休みの日には家に集まって二人でダラダラ過ごしてる。そんなカップルは、ディナーやドライブといった「非日常」がなくても二人で一緒にいる「日常」自体に価値を感じているので、かなり絆が深くて、放っておいたら結婚します。

ぜひ彼氏と、「何もしないデート」も楽しめるようになりましょう。
ケンカを一切しないことはたしかに「ラブラブ」かもしれませんが、むしろ絆の深さを示すのは、建設的なケンカができる関係であることです。

カップルである以上、お互いに不満を感じたり意見がすれ違うことはあり得るわけですが、それを黙っていて表面上仲良しを取り繕うよりも、たとえケンカになってもしっかりと話し合いをして解決できるカップルの方が、明らかに将来性があります。
駆け引きをしないことも、重要なポイントです。

駆け引きをすることはお互いを「好き」と思っている証拠ではありますが、相手を試したり相手から試されたりする関係は、たしかに刺激的で「今、私は恋してる!」という実感はあるかもしれないけど、精神的にすごく疲れるので、その相手と一生のパートナーになれるかというと少し違う気もしますよね。

駆け引きをせずに、シンプルにお互いに対する気持ちを伝えられるカップルこそが、真に絆が深いんだと思います。
彼氏とラブラブなムードを築くことも大事だけど、「 表面だけ」な関係にならないように、こういった「中身」の部分も意識してお付き合いをしていきましょう。(遣水あかり/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連記事