2022.02.19

私、好きなのかな...?【ドキドキしない恋愛】の魅力とは?

恋愛というと、「ドキドキするもの」と思っている人が多いでしょう。そのドキドキ感を楽しんでいる人もいるはず!そんな人にとって、ドキドキ感のない恋愛は魅力的に感じないかもしれません。

しかし、ドキドキしないからこその魅力があるんです!そこで今回は、意外と知らないドキドキしない恋愛の魅力をご紹介します。
好きな人と付き合えると、ドキドキして嬉しい反面「嫌われたらどうしよう」「他の女性に奪われたらどうしよう」といった心配が付きまとうものです。

こういった心配や不安があると、せっかく恋人がいるにも関わらず、いつも心が不安定になってしまうでしょう。

その点、ドキドキしない恋愛はこういった心の乱れがありません。
不安や心配もなく、常に安定した心を維持しながら、恋愛を楽しむことができます。
思い続けていた彼と付き合えると、デートのたびにドキドキするもの。しかし、付き合ってみなければ分からないこともあるため、交際してから「こんな人だったの?」なんてガッカリすることもあるでしょう。

しかし、ドキドキしない恋愛であれば、この幻滅がありません。なぜなら、ドキドキ感はないものの、その分彼に過度な期待をすることもないため、ガッカリすることもありません。
交際期間が長くなれば、どんなカップルでも新鮮味を失い、マンネリを迎えることになります。このマンネリを乗り越えられず、別れてしまうケースも少なくありません。

その点、ドキドキしない恋愛は最初から新鮮さなどは感じていないため、付き合いが長くなったからといって、マンネリを感じることもありません。

関係が最初から安定しているからこそ、マンネリに悩むこともないでしょう。
好きな男性と一緒にいると、「いつも完璧でいなければ」と気を使うことになります。普段とは違った自分をキープするため、デートから帰ってきたらぐったりする人が多いでしょう。

しかし、ドキドキしない恋愛であれば、常に自分らしくいられるため疲れることがありません。たとえ、お泊りデートとなっても疲れることはないでしょう。
理想通りの男性と出会え、晴れて交際できれば誰だって嬉しいもの。しかし、その分プレッシャーも大きくなるはずです。

「彼に似合う女にならなければ」と努力することになり、無理やがまんをすることになるでしょう。

自然体でいられる恋愛はドキドキしないかもしれませんが、その分無理する必要はありません。ということは、限界もこない恋愛ともいえます。
一見、ドキドキしない恋愛というと「つまらなそう」「それって、好きじゃないんじゃない?」と思う人も多いかもしれません。

しかし、自然体でいられる相手というのは、そうそういるものではありません。ドキドキ感はないけれど、自分らしくいられる相手こそが、居心地の良い相手、運命の相手かもしれませんよ。

(ハウコレ編集部)

関連記事