2022.03.26

ショックだわ...好きな人から「彼女にしたくないタイプ」と言われたら脈ナシ?

好きな人から「彼女にしたくないタイプ」だと言われてしまうと、かなりショックですよね。

完全に脈ナシだと思い込み、彼のことを諦めてしまう人もいるでしょう。

では、好きな人から「彼女にしたくないタイプ」と言われてしまったら、本当に完全な脈ナシなのでしょうか。
好きな人から「彼女にしたくないタイプ」と言われてしまったら、やはり脈ナシの可能性が高いです。

彼女にしたくないタイプという言葉は、恋愛感情はないという言葉と同じですよね。振られているのと同じですので、その言葉が本心なのであれば、やはり脈ナシとなってしまいます。

しかし、現時点では脈ナシですが今後それが変わる可能性もゼロというわけではありません。現時点で彼はそう思っているかもしれませんが、あなたのことを深く知っていくことで、脈ナシから脈ありに変わっていく可能性があります。

そのため、彼女にしたくないタイプと言われたからといって付き合える可能性もゼロになったというわけではないのです。
「彼女にしたくないタイプ」という言葉を、彼は冗談で言っている可能性もあります。あなたと会話している中で、彼はツッコミのつもりでそのような言葉を言っている可能性もあるからです。

例えば、あなたがまったく料理をしないタイプだと彼が知ったとき、冗談で「彼女にしたくないタイプじゃん」と言うこともあるでしょう。

しかしこれは必ずしも本音というわけではありません。あくまでその場の会話のノリとして言っているだけで、脈ナシとは限らないのです。

ただし、脈ありとも限らないですし冗談っぽく本音を言っている可能性もあります。
「彼女にしたくないタイプ」と言ってきた彼は、好き避け行動としてそのようなことを言ったのかもしれません。

好き避け行動とは、好きだからこそ相手のことを避けてしまう行動のことです。自分の好きという気持ちがバレないようにしたいなどの思いでこのようなことをします。

つまり、「彼女にしたくないタイプ」と言ったのは完全な嘘で、本当はあなたのことが好きだからこそ、そのようなことを言ったのです。

このタイプの男性は恥ずかしがり屋でなかなか本音を言ってくれませんが、本心ではあなたに恋をしています。そのため、徐々に仲良くなることでその本音を言ってくれるようになるでしょう。
好きな人から「彼女にしたくないタイプ」と言われてしまったら、脈ナシであることが多いです。

しかし、絶対に今後も気持ちが変わらないというわけではありません。

そのため、諦めてしまうかもう少し頑張ってみるかのどちらかを自分自身で判断してみてください。
(ハウコレ編集部)

関連記事