2022.05.11

「え、俺のこと好きなんじゃないの?」男性を勘違いさせてしまう仕草3選!

全然恋愛対象だと思っていない男性から本気で好かれても、正直困ってしまいますよね、勝手に勘違いされてもトラブルの元なので、「とにかくモテたい」という人以外は本命男性以外の男性に好かれない方が良いと考える人も多いでしょう。

ですが、そのように勘違いされないためには、自分自身で自衛することも大切です。自分の行動が原因で男性を勘違いさせてしまうこともあるので、そういう勘違いさせるような仕草をチェックして、普段から無意識のうちに男性を勘違いさせないように注意していきましょう。
お酒に酔った時は、フランクな態度になる人も多いでしょう。しかし、女性から甘えられたら、男性としても勘違いしてしまいかねません。「俺に心を許しているから甘えてくるんだ!」と勘違いされても文句は言えないでしょう。

男性に勘違いをされたくないのなら、アルコールを飲む時も自分の適量を把握して、勘違いさせるような仕草をしかねない飲み方はやめましょう。
普段から話す時、男性と距離が近いのも勘違いされる一因になりかねません。「私はそんなつもりはない」と言っても、恋人が話すような距離で話したり、ボディタッチが頻繁だったりすると、男性も「これってもしかして?」と思ってしまうでしょう。

勘違いされたくないのであれば、そのように男性を誘惑するような距離感で話すのはやめましょう。その方がトラブルが起きる可能性も低くなりますよ。
男性の前で緊張して挙動不審になる人も、勘違いさせかねないので要注意。特に顔が赤くなったり、ぶりっ子のような行動をとったりすると「俺を意識してるからだ!」と勘違いする男性は多いでしょう。

あがり症の女性の場合は無意識のうちに挙動不審になってしまうことも多いので難しいですが、できるだけ平常心を装うようにするか、男性と二人で話す機会自体を減らしていくようにしましょう。
特に恋愛対象だと思っていない男性から好かれると、トラブルの元になります。また、周りから見ても「誘惑してるように見えたよ」なんて態度をとっていると、いざという時に味方になってくれる人も少なくなってしまうでしょう。

妙なトラブルが起きないよう、勘違いされがちな女性は普段から自分の仕草に注意してくださいね。(土井春香/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事