2022.05.15

要注意!交際期間が長いカップルが【同棲を始める】デメリット3つ

長く付き合っているカップルが結婚適齢期になってくると、本人たちだけではなく周りもソワソワしますよね。ですが、そんなカップルが結婚ではなく同棲を始めると、周りもビックリしてしまうかもしれません。

また、周りがビックリするだけではなく、長く付き合っているのにわざわざ同棲を始めると、意外なデメリットも出てきてしまいます。では、どのようなデメリットがあるのか、念のためにチェックしていきましょう。
一緒に暮らし始めると、相性の良いカップルであっても相手の嫌な面が見えてくることが多いと言われています。そのため、同棲中に「やっぱり結婚はやめよう」や「こんな人だと思わなかった」と別れてしまう人も多いんだとか。

せっかく今まで相性が良かったのに、悪い部分だけ見てしまい、別れを選ぶのはもったいないですよね。それなら同棲ではなくて覚悟を決めて結婚するほうが、意外と上手くいくのかもしれません。
同棲を始めるのは、婚姻届を出さないだけで結婚と大きな変わりはありません。住所変更や家具や家電の購入、新しい賃貸契約などをすることで「一仕事終えた」という気持ちになることもあるでしょう。

その結果「このままで良いだろう」と達成感を覚えてしまうのです。
同棲したからこそ、結婚に対する熱意がなくなってしまう可能性があることを覚えておきましょう。
わざわざ結婚ではなく同棲を選ぶということで、周りからも「もしかしたら、なんらかの理由で籍は入れずに事実婚をしたいのかな」と思われる恐れがあります。

そのため、今までは「まだ結婚しないの?」と言ってくれた家族や友達からも急かされなくなり、本人たちも結婚を意識しなくなるというデメリットがあるのです。
「なんとなく」で同棲を始めると、このようなデメリットによって結婚せずに、ずっと同棲のままになってしまうのかもしれません。
それなりに長く付き合っていて、今までに何度か週末や連休だけでもお泊まりデートや旅行デートをしてきたのなら、お互いに相手の生活リズムや家事スキルもなんとなく分かっていることでしょう。

そんなときは、同棲をせずに一気に結婚してしまうのもアリかもしれませんよ♡(土井春香/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事