2022.05.17

仲良くしたいのに...!彼と【ケンカ】ばかりになってしまう時の対処法

彼氏と会う度に嫌なところが目に付いてケンカになってしまう時期ってありますよね。今までは気にならなかったことが、急に嫌になるなんてこともあるでしょう。

ケンカが増えるとお互いに会いたくなくなってしまい、デートの回数が減ってしまいます。それどころか、一緒にいたいと思わなくなって別れに繋がることもあります。

彼氏のことが好きなので、ケンカを無くしたいという女性もいますよね。そんな女性のために、彼氏とケンカばかりになってしまう時の対処法について紹介します。
お互いにぎすぎすした雰囲気の時は、相手のちょっとした言葉に噛みついてしまうものです。彼氏の嫌味や愚痴といった売り言葉を買わないようにするだけで、ケンカの頻度は減っていくでしょう。

売り言葉を言われてガマンするだけではストレスが溜まってしまいます。なので、言われたことを気にしないようにすることで精神的に楽でしょう。

またいつものわがままモードが始まったなど、彼氏を第三者目線で見ることで深く考えずに対処することができます。ケンカが減ってくるうちに彼氏も冷静になって、自分の発している言葉が子供じみていることに気付くこともありますよ。
話しているときに彼の話を最後まで聞いていますか?彼がまだ話している途中で割り込んで自分の意見を言ったり、自分の話を始めるなんてことをしていたら彼氏は不機嫌になります。

自分の話を最後までできないと、少しずつストレスが溜まっていきます。その結果、彼氏があなたに対して不信感を抱いてしまい、「この人と話しても楽しくない」と感じているかもしれません。

特にケンカになったときは、意見を遮らずに最後まで話すことで信頼関係が産まれますよ。
ケンカを減らすために一番重要なのが、彼氏と別れた後のことを想像することです。いなくなって寂しいという思いが強ければ強い程、無意味なケンカをしなくなります。

小さなことで目くじらを立ててケンカするよりも、彼氏と付き合っている今を大切にしたいと感じるようになるでしょう。

別れるさみしさに比べたら、彼に対して嫌だと感じていることなんてどうでもいいと思うこともありますよ。
感情的になることでケンカに発展しやすくなります。カッとなるタイプの女性は息を吐くなどして一拍置くようにしてみるといいですよ。

(ハウコレ編集部)

関連記事