2022.05.26 更新

距離なんて関係ない!遠距離でも「男を惚れさせる愛情表現」って?

恋人にとって、愛情表現はとっても大切。
気持ちをストレートに伝えられる「好き」「愛してる」は、刺激が足りない!と思ってしまうことも。

いつも同じ言葉で愛情表現をしていると、相手に響かなくなってしまうこともあるでしょう。

そんなときに効果的な愛情表現があります!
遠距離でも近距離でも愛情が伝わる、言葉で届ける愛情表現に迫ります。
男性が目標に向かって頑張っている、仕事が忙しくて大変そうなときってありませんか?
会える時間も短くなって、つい気持ちも遠くなりがちに。

男性は、辛いときでもひとりで抱えてしまうことが多く、弱音を女性に見せない生き物です。本当は彼女に寄りかかりたい、励ましてほしいと思っています。

そんなときに、彼女から感じる応援は、何にも代えられない愛情なんだとか。

「どんなときでも応援してるよ」「ずっと味方だよ」など、応援メッセージは、男が惚れてしまう愛情表現のひとつです。
好きな人とはいつでも会いたくなっちゃいますよね。
特にお互いの住んでいるところが離れていたり、忙しくてなかなか会えないと、「会いたいな♡」と思うことでしょう。

そんなときは、素直に「会いたくなっちゃった♡」と伝えるのがベスト。
遠回しに「最近会ってないよね」と嫌味のように言ってしまうと喧嘩の原因に。

会いたいのは好きだからですし、会いたくなるくらい愛情があるんだなと感じることができます。

「今度会ったら〇〇しようね!」など、わくわくする愛情表現は、忙しくても会う時間を作りたいと男は思いやすくなるでしょう。
男は尊敬されることが大好物。

「すごいね」「さすがだね」「男が喜ぶフレーズですし、好きな女性から言われると愛情を感じるのだとか。

「最近愛情表現してないな」と思ったら、男を立てる言葉を武器にしてみましょう。

男の得意分野を聞いて、「やっぱり〇〇に聞いてよかった」「頼りにしてるね」など、男が喜ぶフレーズをどんどん放っていきましょう。

会う時間が少なくても、愛情を感じる言葉があると、いい関係を続けていきやすくなります。
男を惚れさせる愛情表現を考えると、なんて言っていいかわからなくなってしまいますよね。

普段から会う時間があれば、表情やボディタッチで愛情を伝えることができますが、会う時間が少ないと愛情を伝えることも難しくなってしまいます。

距離が遠くても、愛情を伝えることはとっても簡単!
男の喜ぶポイントをしっかり抑えておくと、簡単に男の心をコントロールすることができるでしょう。

(ハウコレ編集部)

関連記事