2022.05.25

この子はちょっとムリ...!男性に引かれる女性のアプローチ

好きな異性にアプローチをするつもりが、うまくいかずに相手に引かれたり逃げられてしまうことがあるのは、男女共通ですね。

ということで今回は、女性がアプローチする側の場面で、好きアピのつもりが男性に逃げられる言動を2つご紹介していきたいと思います。
例えば高学歴の男性を前にして、「あなたの頭が良いところが好き!」というメッセージのつもりで「私、頭良くない男と付き合えないんだ〜」というように、その彼よりも自分の中でレベルが下の男性をディスってしまうのはNGです。

これを言われると、「褒められてる」よりも「この子、男をそうやって見てるんだな。なんか素直に喜べないわ。てか腹黒っ」と思われてしまって、好かれるどころか嫌われます。
下の男性をディスするんじゃなく、単純に、「〇〇大学すごいね」みたいにその彼本人をストレートに褒めてあげればいいのです。
自分の中で婚期を迎えた女性がやりがちなアプローチですが、交際前のしかもまだ出会ってちょっとしか経っていない段階で「私、結婚めっちゃしたいんです!」などと結婚願望を全面にアピールし過ぎるのは、なかなか厳しいと思います。

同じように、めちゃくちゃ結婚を焦っている男性なら「気が合うかも...」と思ってくれるでしょうが、それ以外の男性は、ここまでプレッシャーをかけられるとなかなか手は出しにくいです。
結婚願望があるのは悪いことじゃないけれど、それをアピールすれば結婚し易くなるわけではありません。
この2つが、ありがちで、かつ、男性に逃げられてしまう確率の高い女性からのアプローチです。「アプローチ」というのは、あくまでも相手の異性に響いてはじめて意味があるものですから、単に自分なりの方法で好き勝手に好意を伝えればいいわけじゃありません。この機会に、自分自身の「アプローチ」を見直してみましょう。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事