2022.08.04

予想外でピンチ!折角のキスを口臭で台無しにしないための対処法

気になる男性との突然のキス!そんなシチュエーションになったときに、あなたは準備万端でキスに臨むことができますか?

思いもよらないタイミングだったりすると、口臭ケアが万全ではないことってありますよね。キスしたときに「臭い」と思われたらどうしようと考えてしまい、キスを拒否してしまうこともあるでしょう。

キスのタイミングは一期一会です。一度拒否してしまうことで、彼との関係が終わってしまうこともあります。そこで、口臭が気になるのにキスの雰囲気になった時の対処法について紹介します。
何も道具を使わずに自分自身でできる対処法が、「酸っぱい食べ物を想像すること」です。レモンや梅干しなどを想像して、口臭を軽減させましょう。

口臭の原因になるのは、口の中の乾燥です。水分が十分にないことで、匂いの元となる雑菌が繁殖して、臭いにおいを発することになります。

酸っぱい食べ物を想像すると、想像するだけで唾液が出てきますよね。唾液には殺菌効果もあるため、唾液をたくさん出せば出すほど臭いを押さえてくれますよ。
今すぐキスをする!というシチュエーションではない場合、お茶をたくさん飲むようにしましょう。緑茶やウーロン茶に含まれるタンニンには口内細菌を押さえてくれる効果があります。口臭を抑制できますよ。

彼の雰囲気的にキスされそうだなと感じた日は、とりあえずコーヒーはやめてお茶にしましょう。アルコールを飲む場合でも、緑茶ハイやウーロンハイにすると臭いを気にせずにキスに臨むことができます。

ただ、お茶には利尿作用があるので、飲み過ぎには注意しましょう。
飴にはたくさんの砂糖が入っています。砂糖は口臭の原因になるにおいを抑える効果がありますし、飴の香りで口臭をごまかすことができます。食べる時間がある場合、タブレットや飴を口に含むようにしましょう。

でも、ずっと飴やタブレットを食べていると、キスをするタイミングがなくなってしまいます。口に何か入っていると分かっていると、男性はキスしづらいですよね。

ずっと食べているのではなく、要所要所で口に含むようにしましょう。
キスのタイミングはいつやってくるか分かりません。いざという時に備えて、カバンに飴やお茶を入れておくといいでしょう。

(ハウコレ編集部)

関連記事