2022.08.07

結婚はちょっと...男性がうんざりする【年下女性】の特徴まとめ

多くの男性は、年下のかわいい女性に弱い生き物。「ちょっとやそっとのワガママじゃ動じない」「かわいくて何でも許してしまう」というケースも多いでしょう。

しかし、どんなにかわいい年下女性でも、受け入れられないことが起きれば、年上の男性も「結婚はちょっと......」と幻滅するでしょう。

今回は、将来を考えられない《うんざりする年下女性》の特徴をまとめました。
「男性なんだから奢って当然」「年下なんだから奢られて当然」と考えている女性は、世の中に一定数存在します。場合によっては、頑なに財布を出さないという強者もいるでしょう。

基本的にほとんどの男性は女性に格好つけたい方が多いようです。奢ることに積極的な人も多いでしょう。
しかし、《奢ってもらって当然》の態度だとどんな男性でも不快に思うでしょう。将来を少しでも考えているのであれば、相手に対する配慮を忘れないようにしたいですね。
年上の男性=包容力があると考えている女性は決して少なくありません。だからこそ、ちょっと何かやらかしても許してくれるだろうと思ってしまうのでしょう。

しかし、時間にルーズだと途端に将来を考えられなくなるのが一般的。末永くラブラブでいたいなら、約束はしっかりと守りましょう。
年齢差があるカップルの場合、《ワガママを言いすぎる》と《ワガママを許しすぎてしまう》が問題になるケースが多いでしょう。付き合い始めの頃はよくても、相手の都合や気持ちを考えないワガママは別れに発展するきっかけになりかねません。
年齢差があると、どうしても甘えたい気持ちが強くなるのかもしれません。相手の負担を考えずに、ちょっとしたことでも頼ってしまったり甘えたくなってしまったり。

最初はそのワガママに、多くの男性が惹かれかわいいと思うでしょう。しかし、負担が大きくなると途端に許せなくなってしまうのが人間です。年上の男性と付き合う場合は、《ワガママ》に気を付けるのがベスト。
年下だからといって何でも許される訳ではありません。また、年上だからといって何でも許せるという訳ではありません。たとえ年齢差があったとしても、相手への配慮を忘れないことが大切です。

(ハウコレ編集部)

関連記事