2022.08.08

好きだけど無理!男性が「キスできない」と感じる瞬間3選!

いい感じの男性とキスしそうな雰囲気になることもありますよね。キスされたら告白しちゃおうかなと思っていたのに、結局キスしないまま終わってしまうということもあるでしょう。

いいムードだったのにその先へ進まなかったのは、「キスしたくない」と男性に思われたからかもしれません。あなたの行動に何か原因があったのかも!?

そこで、男性が「ちょっとキスできない」と感じる瞬間について紹介します。
「今からキスするかも」と思ったときに、キスを待つこともありますよね。その時のキス顔が不細工で、男性のキス欲がなくなってしまうことってあるんです。悲しいことですが、彼の好みのキス顔ではなかったのかもしれません。

キス顔って自分じゃよく分からないですよね。今までの彼氏には言われなかったかもしれませんが、変な顔をしている可能性があります。好きな人とのキスという環境に緊張して、こわばっていたなんてことも!

一度自分のキス顔を写真や動画に撮って、どんな顔をしているのか確認してみましょう。どうせなら、可愛いキス顔も練習するとよいですよ。
キスをするときには、顔を近づけますよね。顔を近づけた結果、口臭が無理だと思ってキスする気がなくなることもあります。ニンニクなどの匂いのする料理を食べたデートのときは気を付けましょう。

いくら好きな女性だったとしても、口臭が酷いと少し引いてしまいます。
付き合う前段階の関係だと、これがきっかけになって嫌われてしまうこともあります。

デート前には歯を磨く、匂いのするものを食べた後にはブレスケアをするなど、デート中はいつもよりも気を使いましょう。
キスをするときになって初めて、相手の唇を凝視するということもあるでしょう。キスしようと思って唇を見たら荒れていたというのも男性がキスを辞めてしまう原因の一つです。

「キスしたら痛そう」と感じてしまうため、キスに逃げ腰になってしまいます。ガサガサな唇以外にも、グロスでプルプルした唇も「口になんか付きそう」と思われるので嫌がられることが多いですよ。
キスをされることを期待しすぎると、男性にプレッシャーを与えてしまいます。いつされてもいいように準備だけはしておいて、期待しすぎないようにしましょう。

(ハウコレ編集部)

関連記事