2022.08.14

恥ずかしい///アラサー女子の恋愛黒歴史エピソード3選

誰もが恋愛をするものです。しかし、ここで普通に恋愛へ発展していけばいいのですが、変な恋愛へ発展して行く場合もあり、その恋愛が恥ずかしい黒歴史になってしまうこともあるのです。

今回は、アラサー女性が体験した黒歴史恋愛エピソードを紹介していきたいと思います。
気になっている男性の名前を知ることができたら、SNSでチェックしてしまうことがあると思います。

休日は何をしているのか?趣味はなんなのか?など気になってしまうことが多く、一番気になってしまうのが「彼女はいるのか?」「他の女の人と遊んでいないか?」など、知りたいことは尽きません。
最近は無料通信アプリが主流となっていますが、昔はメルアドを男女で交換して連絡を取っていたものです。

そして多くのカップルは、メルアドに交際開始日の数字を入れてみたり、彼氏や彼女の名前を入れるということもあります。

このアドレスを彼や彼女と連絡を取ることだけに使えばいいですが、他の友達や家族と連絡を取る際に使用すると「何?このアドレス笑」と気付かれてしまうことが当然です。

しかももし別れてしまった場合、アドレスを見て「何でこんなアドレスにしてしまったんだろう」と恥ずかしくなり、アドレスを変えてしまうと「彼と別れたの?」と友達に聞かれてしまったことも私自身あります。

アドレスに交際相手の名前や交際記念日の日付を入れるようなことは、後悔してしまう場合があるので要注意です。
彼とのラブラブな生活が楽しくなってしまうと、同性の友人からの誘いを断ってしまう場合もあると思います。

「彼が泊まりに来ているから無理」「彼と一緒にいたいから無理」など、全て断る理由が彼氏です。

そして同性の友達との連絡を取る回数も激減していき、全く連絡が来なくなってしまったといった経験もあります。

そのようなことを繰り返していたら、同性の友達が結婚式をしていて呼ばれなかったこともあり、これは自業自得といってもよいかもしれません。

彼氏を優先することはよいことですが、彼氏と交際していなかった時期に相談にのってくれていた同性の友達は大切にし、きちんと連絡を取り合うことが重要になります。
過去の恋愛を振り返る時期があると思います。過去の恋愛すべてが「恥ずかしい」「もう思い出したくない」といったものではなく、「あれは良く無かった」「反省しないと」と自分自身を客観的にみることができるものだと思います。
新しい恋愛へのステップに変えていきましょう。

(tateyoshi216/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事