2022.08.16

隠れ甘えた必見!上手に【彼氏に甘える】コツ3選!

彼氏に甘えたいけれど、恥ずかしさから甘えられないという女性って多いですよね。一度甘え方を知ると楽なのですが、最初の一歩が踏み出せないまま今に至るという女性もいるのではないでしょうか。

いきなり甘え上手な女性と同じような甘え方はできないですよね。そこで、甘え下手さんでもできる上手に彼氏に甘えるコツについて紹介します。

キャラじゃないからと甘えることをガマンしていた女性は、必見ですよ。
言葉で「〜して欲しい」「〜したい」と甘えるのが苦手な女性は、ボディタッチを使って甘えてみましょう。お願い事をするときに、彼に触れながらお願いすると成功率が上がりますよ。

甘えるのが苦手な女性は甘えて拒絶されたことがトラウマになっていることがあります。甘えることの苦手意識を無くすためには、成功率の高い甘え方をすると甘えやすくなるのです。

服の袖を掴みながら言う、手を握ってお願いしてみるなどボディタッチを組み合わせることで彼はいい意味でドキッとします。普段甘えない彼女からのお願いに彼は嬉しく感じることもありますよ。
甘え下手な女性は真顔のままで甘えようとすることがあります。甘えるという行為に緊張してしまい、顔がこわばってしまうこともあるでしょう。

そんな表情で甘えられても、彼氏の心は動きません。むしろ起こっていると勘違いされてしまうこともあります。甘えるときは気持ちを顔に出すようにしてみましょう。

デート終わりにもう少し一緒にいたいときは、寂しい顔をしながら「もうちょっとだけ一緒にいて」と伝えましょう。言葉と表情がリンクすることで、あなたの気持ちが伝わりやすくなりますよ。
甘えている姿を人に見られたくない!という女性もいますよね。彼氏には甘えたいけれど第三者に甘えている言動を見られるのは恥ずかしいと感じるのであれば、彼の耳元でささやきましょう。

「〜して」と耳元でささやくと彼氏だけに伝えることができます。また、彼氏がドキッとするのでお願いを聞いてくれやすくなるというメリットもありますよ。

二人だけの空間にすることが出来るので、甘え下手さんでもお願いしやすい方法でしょう。
甘え下手さんは何回か甘えることにチャレンジして甘えることに慣れましょう。上手くいかなくても甘え続けることでコツが分かってきますよ。

(ハウコレ編集部)

関連記事