2022.08.25

スッキリ?【別れて後悔】する女性の特徴って?

彼氏との関係に疲れ、別れを決断した人もいるでしょう。しかし、別れたらスッキリするはずが、別れたことを後悔してしまう女性がいます。悩んで決断したはずの答えに後悔するなんて、嫌ですよね。

実は、別れてから後悔する女性には特徴があるんですよ。そこで今回は、別れてから後悔する女性の特徴をご紹介します。自分自身と照らし合わせて、チェックしてみてくださいね。
別れてから後悔する女性の中には、何でも早く結論を出そうとする人が多いです。「中途半端な関係が嫌」「関係に白黒つけたい」という思いが先走り、別れを決断してしまいます。そのため、自分の気持ちにちゃんと向き合うことができないまま、結論を急いでしまいます。

当然ですが、そうなれば別れてから後悔する可能性は高いでしょう。自分の気持ち、相手の存在の大きさにちゃんと向き合わないことで、後々後悔することになります。
自分に素直になれないのも、別れてから後悔する特徴のひとつです。本当はまだ愛情があるのに、別れ話をしてしまったことで、引き下がれなくなってしまう人も。たった一言、「別れたくない」と言えれば、関係が壊れることはないのに、それができません。

そして、別れてから後悔することになります。自分の気持ちに素直になれないのは、本当に損なこと。好きなのに別れるなんて、もってのほかです。
恋人と別れるには、それなりの原因や理由があります。「どうしても許せない」と思い、別れを決断した人もいるでしょう。しかし、そんな人の中には相手に歩み寄れない人が多いのも特徴のひとつです。

喧嘩両成敗という言葉があるように、喧嘩はどちらか一方にだけ原因がある訳ではありません。あなたにも、少なからず何かしら原因があるはず。にも関わらず、歩み寄ろうとする気持ちがなく、別れを決断したことで後々冷静になった時に後悔することになるでしょう。
交際期間が長くなれば、誰だって相手の存在が当たり前になってしまうもの。「一緒にいて当たり前」なんて思っていると、どんどん相手の大切さを忘れてしまいます。

実は、そんな大切さを忘れてしまうのも、別れてから後悔する女性の特徴です。あまりにも距離が近すぎることで、彼の存在の大きさが見えなくなってしまいます。そして、別れてから彼の存在の大きさに気づき、後悔することになるでしょう。
彼氏と別れることを決断したら、本来であればスッキリするはずです。「これで、もう悩まなくてもいいんだ」「これで自由だ」なんて思えるもの。

しかし、中には後悔してしまう人も。そうならないためには、これらの特徴に自分が当てはまらないか、知っておくことが大切です。

(NaonN/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事