2022.09.25

大学デビューの前に!後悔しないように気を付けておくべき点って?

高校生の時は、「地味な感じな雰囲気だった」「校則が厳しい女子校だった」という人の多くは「大学生になったら、イメチェンしようかな」という気持ちになると思います。

そして「サークルに入って、異性の友達を作りたい」「素敵な先輩がいたら嬉しい」という女性もいると思います。

しかし大学のサークル内での恋愛は、見た目は素敵な感じではありますが、恋愛してしまったことを後悔してしまう場合もあります。

今回は、大学デビューをする際の失敗例とサークルで恋愛をする時の注意することを紹介していきたいと思います。
服やメイクの勉強に便利なのが、ファッション雑誌です。しかしモデルさんのメイクや服装を真似したとしても、自分は満足しても周りから見るとマイナスになってしまう場合もあります。

モデルさんが着ていたワンピースを購入して、着てみたが体型が全く異なっており周りから「太っているから似合わない」「何かピチピチな服だね」と言われた女子もいます。服は自分に似合うものを選ぶことが大切になります。
高校時代は真っ黒な髪だったのに、大学進学してから金髪にする人は男性に多いです。

イメチェンや気分を変えるといった理由がありますが、金髪にしてしまうと「チャラい」「遊んでそう」といったマイナスなイメージになってしまい、モテるために染めた金髪が逆効果になってしまうこともあります。

もし髪を染めるなら、まずは派手目な色は避けるようにすることをおススメします。
次に、サークル内での恋愛をする際に気をつける点を紹介します。サークル内での恋愛は簡単そうですが、気をつけることが多いです。
人気がある先輩やリーダー的な先輩は、当然人気があります。そんな先輩に好きという気持ちを伝えたいと思ったが断念する女子もいます。人気があるのでライバルが多いのです。

ライバルは綺麗な女先輩の場合もありますし、可愛い系の同級生の場合もあります。こうなってしまうと、なかなか告白に踏み切れない女性もいます。

「フラレたらどうしよう」「私よりも可愛い子が多いから無理かな」と諦めモードでは
告白もできずにかえって後悔してしまいます。強い気持ちで告白してみましょう。
大学デビューをしてサークルで恋愛をすることは、少女漫画ではスムーズに見えますが、実際はとても大変なのです。自分磨きや友達を作っていくこともですが、学業をおろそかにしないよう注意しましょう。

(ハウコレ編集部)

関連記事