2022.09.26

真似しよう!いつまでも【マンネリ知らず】なカップルになる方法

カップルが一度でもマンネリ化してしまうと大変です。どうやってその状態から抜けだせばいいのか全く分からなくなってしまいます。

というわけで今回は、マンネリ化とは無縁なカップルが普段から実践している習慣を3つご紹介していきます!
マンネリ化を防ぐ最大の防御は、「好き」などの愛情表現です。決まったタイミングで必ずするというパターン化ができているカップルは強い。

「バイバイのときは必ずキス」とか「一日一回『好き』と伝える」など。パターン化された愛情表現があることで、お互いに愛情表現をすることに対する心理的なハードルが下がって、他の場面でも愛情表現をしやすくすることが狙いです。
普段からきちんとお互いに感謝と謝罪の気持ちを伝えることができているカップルもマンネリ化しづらいです。

この2つは、相手に対する最低限のリスペクトの気持ちを伝える言葉。サボらずに伝えておけば、2人の距離が《近すぎる》馴れ合い状態にならずに、良い意味での距離感、緊張感を保つことができるのでマンネリ化しづらいです。

「親しき仲にも礼儀あり」と言うように、カップルがお互いをきちんと尊重し続けることが実は大事です。
先ほどの「ありがとう」「ごめんね」と同じように、デートのときには最低限のおしゃれをきちんとすることも大事な「親しき中にも礼儀あり」の表れ。

おしゃれをすることで、相手に「好き」と間接的に伝えられるし、また単純におしゃれをした方がお互いに異性としても魅力的に見えますからね。
できれば交際直後から、この3つはやり続けていくべきです。マンネリは一度そうなったら抜け出すのが大変なので、「マンネリなんてするわけないよ〜」といううちから予防的に行動しておくことが重要です。

(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事