2022.09.29

めっっちゃ幸せ♡「同棲して良かった!」と思う瞬間3選

「同棲」という言葉を聞くと「同棲してから彼と喧嘩が増えた」や「同棲したのに、全く結婚の話が出ない!」のように、同棲にちなんだ愚痴を言う友達の顔が浮かぶ人も多いでしょう。

しかしもちろん、同棲は悪いことばかりではありません。一緒にいるからこそ幸せを痛感することもあります。では、どういう時に「同棲して良かった!」と実感することが多いのでしょうか。3つのタイミングを紹介していきます。
一人暮らしをしている人は、どんなに美味しいものを食べても、一人じゃ味気ないと感じたこともあるのではないでしょうか。会話もなく、テレビの音しか聞こえない空間はつまらなく感じられることもありますよね。

しかし同棲していれば、相手と話しながら食べることができます。手抜き料理でも美味しく感じられると「やっぱり誰かと暮らすって良いな」という気持ちになるでしょう。
社会人同士のカップルだと、仕事が忙しい時はデートをする気力もわかないこともありますよね。当然ながら、相手に会えない時間も長くなります。ですが、同棲をしていれば家に帰るだけで相手に会うことができるでしょう。

デートの時のようにおしゃれをして会うことはできなくても、相手の顔を見てほっとすることができれば、同棲をして良かったと実感できるのではないでしょうか。
喧嘩が多いカップルの大半の原因は、すれ違いや誤解だと言われています。そのため、同棲を始めて相手と色々なことを話す癖ができれば、喧嘩が減ることもあるでしょう。

もちろん同棲生活の中でイライラすることはあっても、以前のようにLINEのメッセージのやりとりではなく会話で解決することができます。

そのように相手と喧嘩をすることなく向き合えるようになると、日々のストレスも減り、同棲をしたことによるメリットを実感するみたいですよ。
同棲すると大変なことも多いですが、その分幸せを実感することもできます。友達から愚痴ばかりを聞いていると同棲に悪いイメージを持ってしまう人も多いですが、悪いことばかりに目を向けず、メリットがあることも忘れないでくださいね。

(土井春香/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事