2022.11.25

依存はドン引きのもと...男性に【依存しがちな女性】の特徴

モテたい!と思っているのに、モテないどころか男性からドン引きされてしまう......
なんて経験をしている女性は少なくありません。

この記事では、男性に依存してしまいがちな女性の特徴を紹介していくので、当てはまる項目があれば、一度自分の行動や言動を見直してみるといいでしょう。
女友達が少ない女性は、普段から友達と遊んだり、飲みに行くということがありません。なので、彼氏が出来ると彼氏のことばかりを考えてしまって、依存しがちです。

ちょっとでも暇な時間が出来ると、彼氏に連絡をして「会いたい」と言ったりするので、男性からすると重い......と感じてしまうもの。

モテたいと思っているのであれば、まずは彼氏に依存してしまわないように、友人関係から広げていくことも大切です。
夢中になれるような趣味がない女性は、その分彼氏に依存をしてしまいがちです。

趣味を持っている女性は、彼氏と会えない日が続いても自分の趣味に夢中になることが出来るので「会いたい」としつこく言うことはしません。

逆に趣味がないと、1人の時間を過ごすことがとても苦手で、すぐに「寂しい」などと連絡をしてしまうのです。
自己肯定感が低くて、自分に自信がない女性は、男性に対しての依存心がとても強いものです。

付き合った彼氏に対して、自分のことを褒めてほしい!と肯定を求めるようになってしまいます。男性はそれが重い......と感じてしまうもの。

彼氏と一緒に居ることで自分の存在意義を感じているので、常に彼氏と一緒にいたい!という気持ちが人一倍強いのです。
やはりなんと言っても、寂しがり屋な女性は彼氏にも依存しがち。彼氏がいないときであっても、1人で居ることや、1人で行動することがとても苦手です。

普段から1人になると不安そうにしている女性や、1人では大きなことを決断できないような女性も依存することが多いもの。

なので、適度に寂しがり屋なところをアプローチするのは効果的ですが、しすぎてしまうと男性も引いてしまうので注意してください。
依存しがちな性格は、男性も引いてしまうことが多いので得をすることはほぼありません。

まずは依存しがちな性格から抜け出すことがモテへの近道。趣味を作ったり、交友関係を広げることで、依存体質は変えることができるため、出来ることから始めてみてくださいね。

(setsuko / ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事