2020.02.27

好きな人に会いたい時って?「会いたい」と思わせるコツ3つ

好きな人とはたくさん会いたいものですよね!できるなら毎日会いたいという女性も多いのではないでしょうか?「会えないなんてガマンできない!毎日でも会いたい!彼だってそのはず!!」という気持ち…果たして男性も同じでしょうか?

今回は、男性が好きな人に会いたいと思う瞬間についてまとめました。また後半では、男性に「会いたい」と思わせるコツもご紹介しています。
突然、彼氏やまだ付き合ってないけど好きな人に、とてつもなく会いたいと思うことってありますよね。では、男性は一体どんなときに好きな人や彼女に会いたいと思うのでしょうか。

会いたいと思ってもらっているときに会えば、更に好きという想いが加速しそうですよね。単純に会いたいと思うときもあれば、何か理由があって会いたいと思っているときもあるはずです。

男性がどんな時に好きな人に会いたいと思っているのかを把握して、さらに2人の絆を深めちゃいましょう。
男性が好きな人に会いたいと思うのは、寂しさを感じたときのようです。では、どんな時に寂しさを感じるのでしょうか。たとえば、街中で仲のよさそうなカップルを見たとき、寒さから人肌が恋しくなったときなど、人によってさまざまです。

また、好きな人から連絡が返ってこない時や、しばらく会えていない時にも寂しいと感じる男性は多いようです。どれも、女性が寂しいと感じる瞬間と似ていますね。

寂しい時に好きな人に会いたくなるというのは、当然と言えば当然のことです。
特に会いたいと思っていないときにでも、好きな人から「会いたい」と連絡がくることで、急に会いたいという気持ちになる男性も多いようです。
相手が自分のことを求めているということを実感することで、満足感が得られ、自分も彼女に会いたくなるのでしょう。

これはかなり単純なパターンですが、「会いたい」と言っただけで会いたくなってくれる男性というのは、女性にとってありがたいです。
特に、いつも自分からあまり「会いたい」と言わない彼女の場合には、男性も「会いたい」と言われたことが嬉しくて会いたくなるのでしょう。
ここまで見てきたように、男性によって「会いたい」と思う頻度はバラバラでしたね。あなたの好きな人が、あなたと同じペースで「会いたい」と思ってくれていれば、特に問題はありません。しかし、「会いたい」と思うペースが違っていると、二人の関係に亀裂が生じてしまう可能性があります。

あなたが「会いたい」と思っていても彼はそうではないかもしれません。そんな時にしつこく誘ってしまえば、嫌われてしまいます。

そこで、ここからは、好きな人に「会いたい」と思わせるコツを3つご紹介していきます。
「僕は、好きな人と頻繁に会わなくても平気。自分の時間も大切にしたいし。でも一度、彼女が海外出張に行ってしまって一か月会えなかった時は、さすがに会いたいと思った。あの時ほど彼女に会いたいと思ったことはありません。」(30代/IT)

好きな人と会わなくても平気だという人でも、やはり会えない期間が長くなると、自然と「会いたい」と思うようになるみたいです。女性がどれだけ会わずに我慢できるかという問題もありますが、好きな人に「会いたい」と思わせるためには、思い切ってしばらく会わないというのもアリのようですね。
「仕事が忙しくて、好きな人と会う時間をなかなか取れなかったとき、向こうから『寂しい…』と一言LINEがきた。素直な彼女の姿にきゅんとして、俺も『今すぐ会いたい』と思ってしまいました。」(20代/営業/男性)

好きな人から「寂しい」なんて言われたら、男性は彼女のことが愛しくなって「会いたいな」と思うみたいです。好きな人に「会いたい」と思わせるには、寂しさをアピールしてみるのもよいかもしれません。しおらしい女性を演出すれば、彼もきゅんとして、きっとあなたに会いたくなるはずです。
「好きな人に『会いたい』と言われて、会いたいと思わない男はいないでしょう。素直に会いたいと言ってくる彼女は可愛いですね。会いたいと言われるだけで会った時のことを想像してしまい、余計に会いたくなってしまいます(笑)」(10代/大学生/男性)

このように、好きな人から「会いたい」と言われるだけで、「会いたい」と思ってくれる男性も多いようです。会いたいと思ったら、我慢せずに「会いたい」と言ってしまった方がいいみたいですね。ただ、何度も言ってしまうと逆効果になりかねないので注意しましょう。
いかがでしたか?今回は、男性が好きな人に会いたいと思う瞬間と、「会いたい」と思わせるコツについてご紹介しました。自分側の会いたい気持ちだけで暴走するのではなく、相手に「会いたい」と思わせるのも大切です。

自分が会いたいばかりでは、相手もあなたに嫌気がさしてしまうこともあります。それだけは絶対に避けましょう。お互いの気持と生活スタイルと相談しつつ、うまくコントロールするのがよさそうです。

上手に彼に「会いたい」と思わせられるようにいろいろ工夫してみましょう。

関連記事